これまでのあゆみ

第1回
1991.5.12 大阪府立労働センター

◎基調報告:
・医薬分業をめぐる最近の情勢と国民医療
・日本の製薬大企業—独占薬価・薬害問題—
・薬と人権
◎シンポジウム:第1部/薬と経済 第2部/薬と人権
第2回
1992.5.17 東京医科歯科大学

◎基調報告:「くすりと人権」「くすりと経済」
◎シンポジウム:第1部/薬をめぐる経済の仕組みを考える 第2部/人権を守る立場から薬を考える
第3回
1993.6.13 東北大学医学部

◎シンポジウム:第1部/患者の権利と医療・医薬を考える 第2部/薬価・診療報酬問題を考える
第4回
1994.7.9 東京新宿農協会館

◎基調報告:医薬品の開発と使用における倫理性と科学性の確立を求めて
◎シンポジウム:第1部/薬の正しい作り方、使い方を求めて 第2部/薬害エイズ問題解決のために
第5回
1995.5.21 大阪府立労働センター

◎報告:国民の立場からみた医薬品のあり方
・国民の納得いく薬物治療(薬剤費)のための提言
・患者が望む医療と医薬品情報のあり方

◎シンポジウム:薬と経済 薬と人権
第6回
1996.5.19 愛知県産業貿易館西館

◎基調報告:薬害エイズを学ぶ 薬害エイズに学ぶ
◎特別講演:薬害エイズの反省・教訓と今後
◎シンポジウム:薬害エイズに学ぶ
第7回
1997.5.18 東京・菓子会館

◎報告:
・医療保障制度改悪の新段階
・薬害被害者の復権と薬害根絶をめざして

◎シンポジウム:考えよう 薬価と薬の有効性・安全性
第8回
1998.5.17JA 岡山大ホール

◎報告:
・「国民のための医薬」から「国民の医薬」へ
・97年9月健保法等改定以降の日常診療の変化
・製薬産業の国際的再編成と規制緩和
・薬害を繰りかえす社会構造の変革をめざして

◎シンポジウム:医療制度の改悪と医薬品問題

※第5回までは「国民のための医薬シンポジウム」
第9回
1999.5.16 東京医科歯科大学講堂

◎シンポジウム:患者・国民に役立つ薬価・医療制度を求めて
第10回
2000.5.14 神戸市勤労会館

◎特別講演:患者の望む医療とEBMの実践
◎シンポジウム:人権と薬害

※第10回まで国民医療研究所と社会薬学研究会の共催
第11回
2001.5.13 東京・コーププラザ

◎シンポジウム:信頼できる薬と医療を求めて
第12回
2002.5.19 東京・平和と労働センター

◎講演1:戦争テロと保険・医療・福祉
◎講演2:あるべき薬物治療

◎シンポジウム:激動する社会のあるべき保健・医療・福祉と薬物治療
第13回
2003.5.18 東京・平和と労働センター

◎シンポジウム:安心できる薬と医療を求めて
第14回
2004.5.23 埼玉・大宮ソニックシティ

◎特別報告:組合員の健康管理を進める手助けに
◎シンポジウム:規制緩和と薬の安全性・危険性
第15回
2005.5.15 大阪・新大阪シティプラザ

◎記念講演I:大転換の医療と「多国籍企業」
◎記念講演II:今日の薬害問題—イレッサ、高血圧、コレステロールを例に
◎シンポジウム:転換期における医療と医薬品 —規制緩和と安全・安心な薬物療法
第16回
2006.5.14 長野JA長野県ビル

◎記念講演:日本国憲法と私たちの保健・医療・福祉
◎特別報告:佐久地域における保健医療活動
◎シンポジウム:信頼できる地域医療・医薬品と薬剤師
第17回
2007.5.13 東京・平和と労働センター

◎記念講演:「健康格差社会」とその原因を考える
◎シンポジウム:真に生命と健康を守る薬と医療をめざして
第18回
2009.3.15 東京・東洋大学

◎シンポジウム:待ったなし!今こそ薬害根絶を! —医薬品行政と現場の大改革へ—
第19回
2010.11.2 8東京・平和と労働センター

◎シンポジウム:薬害の被害者救済と根絶の達成を —薬害肝炎検証委員会の提言をもとに考察する—
第20回
2011.11.23 東京・平和と労働センター
◎シンポジウム:イレッサ薬害訴訟における国・企業・関係学会の責任 —訴訟を通じて教訓を考える—
第21回
2012.11.23 東京・平和と労働センター

◎講演:イレッサ訴訟における企業と国の責任
◎シンポジウム:がんの薬物療法について考える —その批判的・科学的検討—
第22回
2013.11.24 東京・平和と労働センター

◎講演:医薬品の安全性確保とTPP
◎シンポジウム:「子宮頚がん予防」ワクチンの必要性・安全性・有効性
第23回
2014.11.24 東京・平和と労働センター

◎講演:歪められた医師主導臨床研究 医療従事者はいかに読み解くか —ディオバン問題をめぐって—
◎シンポジウム:HPV(「子宮頸がん予防」)ワクチン被害をめぐって
第24回
2015.11.23 東京大学鉄門講堂

◎講演:「医薬分業と薬剤師の果たすべき役割」 —国民の求める薬剤師のプロフェッショナルリズムとは—
◎シンポジウム:子宮頸がんワクチン問題
第25回
2016.11.27 東京・平和と労働センター

◎記念講演 HANSの病因病態の解明・治療の確立に向けて
◎シンポジウム「子宮頸がんワクチン」接種被害をめぐる諸問題

「第 25回国民の医薬シンポジウム」開催報告

 11月 27日(日)10:00~16:30に、東京都文京区の「平和と労働センター」2階ホールで、「第25回国民の医薬シンポジウム」を開催しました。参加者は約 120人で、HPVワクチン問題をめぐって、熱心な講演と質疑応答が行なわれました。

【午前の部】記念講演「HANSの病因、病態の解明・治療の確立に向けて」臨床症状の解析→病巣の症候学的解析→動物モデルの作成まで講師 横田俊平氏(横浜市立大学名誉教授・小児科医)
 午前に記念講演を行なった横田俊平氏(横浜市大名誉教授・小児科医)は、「HANSの病因病態の解明・治療の確立に向けて臨床症状の解析→病巣の症候学的解析→動物モデルの作成まで」と題して、34枚のスライドを提示し、(1)ワクチンによる副反応症状は、ワクチン接種後の女児に多彩な症状が一つの流れをもって進展していく特徴をもつ新疾患症候群=HANSである。臨床医は、患者に寄り添って、多種多様な HANSの臨床症状を丁寧に把握することが必要(2)臨床症状に関する調査、医学的解析と理学所見から神経生理学的に病状が説明でき、「視床下部病変」の概念が確立しつつある(3)HPVワクチンを用いてマウスにおける HANS類似病態の誘導に成功したことが報告されました。「まとめ」にて、「HANSは国内外で充分なevidence(証拠)が確立されている」とし、その根拠として、「臨床症候の解析(日本・デンマークから発信済み)、病態解析(日本から発信済み)、動物実験での疾患再現(イスラエル・日本で確立)」の 3点を提示され、「現在最も求められているのは、治療法の確立である」と指摘されました。

【午後の部】シンポジウム「「子宮頸がんワクチン」接種被害をめぐる諸問題」

 午後には、水口真寿美弁護士(HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団共同代表)、原告の酒井七海さん、打出喜義医師(小松短期大学特任教授・産婦人科)が報告し、フロアーとの間で活発な質疑応答が行なわれました。

報告1「HPVワクチン訴訟がめざすもの」水口真寿美氏(HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団共同代表・弁護士)

 水口弁護士は、「HPVワクチン訴訟がめざすもの」と題して、感染しても子宮頸がんになるリスクの低い感染症に対し、有効性が不確実かつ限定的である一方で、重篤な副反応を生じさせるHPVワクチンを承認し定期接種化したことの問題点、早期承認と定期接種化の背景にある製薬企業の啓発を装ったプロモーション、WHOの利益相反問題などを指摘したうえで、本訴訟が賠償金の獲得にとどまらない真の救済と薬害防止を目的とするものであることなどを報告されました。

原告訴え
酒井七海さん(東京原告全国原告団代表)

 全国原告代表の酒井七海さんが副反応被害の発症の経緯、脳機能障害と車椅子生活を余儀なくされ、介護者なしには生活できない日常を紹介、被害の責任を明らかにし、原因、治療法の解明、生涯にわたる医療・生活の保障を強く求めると訴えられました。

報告2「子宮頸がんワクチン接種推進論者への反論」打出喜義氏(小松短期大学特任教授、産婦人科医)

 打出産婦人科医師は、「子宮頸がんワクチン接種推進論者への反論」と題して、子宮頸がんの発症、治療、予後の特徴を示し、その上で、HPVワクチンは長期にわたって強力な免疫賦活作用を維持するよう設計されていること、HPVはヒトタンパクの多くと相同性を有していることから、長期に渡る多彩な HPVワクチン副反応出現の可能性を指摘されました。

討論

 討論では、厚労省はあくまで接種後 1カ月以内の注射に伴う症状以外は副作用と認めておらず、被害救済も限定的であること、そのため指定医療機関も副作用として対応せず、心身の反応、詐病としてたらい回しされている現状、接種者アンケート調査を実施した結果、高頻度に副作用が現れていることが判明したこと、医療機関が患者に寄り添う姿勢で対応することの重要性等について活発に討論されました。今後、国に全接種者調査を求めていくこと、現場でもアンケート調査に取り組むこと、訴訟に向けた学習会の開催等を意思統一しました。

2017年4月12日 国民の医薬シンポジウム実行委員会

このページのトップへ