シンポジウムの紹介

シンポジウムの紹介

国民の医薬シンポジウムは、「薬と人権」、「薬と経済」をキーワードに、医薬品をめぐる問題の社会的な側面に注目し、1991年以降、原則年1回、全国各地(大阪、東京、仙台、愛知、岡山、大宮、長野等)で開催され、2016年で第25回目を迎えます。
薬害問題としては、HPVワクチン問題の他、薬害エイズ、イレッサ薬害、薬害肝炎等を取り上げています。

民主的医療の提供をめざす医療系団体や個人によって構成されています。

写真

国民の医薬シンポジウム実行委員会

実行委員長
片平洌彦(医療法人財団健和会 臨床・社会薬学研究所所長)
副実行委員長
宮地典子(新日本医師協会薬学領域世話人)
実行委員
中村幸次(全薬会議事務局次長)
佐藤嗣道(東京理科大学 薬学部薬学科講師)
聞間 明子(三島共立病院 薬剤師)
事務局長
高田満雄(全日本民医連理事 協立医師協同組合副理事長)

国民の医薬シンポジウム協力呼びかけ団体

公益財団法人日本医療総合研究所全国保険医団体連合会
日本医療福祉生活協同組合連合会日本医療労働組合連合会
全日本民主医療機関連合会全国薬業労働者連絡会議新日本医師協会

協賛団体(順不同・40団体)2016.11.21現在

患者・市民団体等

東京HIV訴訟弁護団、薬害肝炎全国弁護団、薬害オンブズパースン会議、新薬学研究者技術者集団
スモンの会全国連絡協議会

医療関係労働組合

岩手県医療労働組合連合会、奈良県医療介護福祉労働組合連合会、山口県医療労働組合連合会
福岡県医療労働組合連合会

医療関係団体

大阪府保険医協会、神奈川県保険医協会、神奈川県民主医療機関連合会、宮城県民主医療機関連合会
長野県民主医療機関連合会、大阪民主医療機関連合会、岡山県民主医療機関連合会
鹿児島県民主医療機関連合会

医薬法人等

医療生協かながわ生活協同組合、医療生協さいたま生活協同組合、(有)新潟メディカルプラン
(株)ワイエムピー、(株)ひまわり企画、(株)健商、(株)外苑企画商事、(株)東京医療問題研究所
(株)城南医薬保健協働、(株)エイトライフ、一般社団法人メディホープかながわ、(株)栃木保健協働
(株)群馬保健企画、(有)あおぞら企画、(株)あおもり健康企画、(有)みやぎ保健企画、(有)静岡健康企画
(有)ファルマネットぎふ、(株)ファルマネットみなみ、(株)にじ、(株)泉州保健医薬研究所
(株)えひめ保健企画、(株)福岡保健企画

このページのトップへ