トップページ もどる
議会報告
議員団紹介
議員団だより
猪股 嘉直
大沢えみ子
望月たかし
リンク集

議員だより
猪股嘉直
釣り日より
 自民・公明の安倍内閣が作成した新年度予算案の総額は101兆4,564億円。過去最大の2018年度当初予算を4兆円近く上回った▼マスコミはいつも社会保障費の伸びを前面に出し、高齢者社会が社会保障費を伸ばす原因と。高齢者が長生きしていることが良くないことのように聞こえるが、本来は喜ばしいこと。問題はそのことに耐えられる予算を政治の力でつくること▼ところがどうだ。安倍内閣は19〜23年度の武器調達計画で、27兆4,700億円を計上。米国製F35Bステルス戦闘機105機追加調達を決定。すでに閣議で決めているA型の42機と合わせ147機に。1機200億円を超える戦闘機を何故こんなに▼ステルス戦闘機は防御のためのものではない、攻撃目的のもの。専守防衛などどこ吹く風。米朝の平和に向けた話し合いも世界の平和への流れも安倍政権には関係ない▼さて、狭山市の19年度。2月末から予算議会。懸案だった入曽駅周辺の整備はどうなるか▼入曽の課題は駅周辺の道路整備と考えるが、市長は、駅の整備も考えている。西武は駅整備は必要無いとし、やりたければ狭山市さんどうぞ、西武はお金は出しませんが、とのこと。▼えっ狭山市駅西口でさえ駅整備に三分の一は出したのに、一銭も出さずに、駅舎、改札口、切符販売機、時刻表など全て、狭山市の全額負担でやるの?西武入曽駅整備に、西武は一銭も出さず、狭山市は30億円も出すの?▼サピオを3年後は民間に、学校は統廃合に、敬老祝い金・難病手当はなくし、タクシー券も枚数を減らす▼安倍首相はアメリカに、狭山市長は西武にいい顔。国民と市民に顔を向ける首長をつくる年に!!

インデックス ページのトップ