市議会レポート

HOME > 市議会レポート > 接種 8日から始まる

接種 8日から始まる

 

 加須市で新型コロナワクチンの接種が、今月8日から、市が保健センターなどで接種する集団接種と、医療機関で接種する個別接種…2つの方式で始まりました。

 

 

75歳以上の方に接種券を郵送

 新型コロナワクチンを接種する対象は、感染すると重篤化するため、65歳以上の方から、接種を行います。

 市は接種予約の混乱を避けるため、年齢を区分し、これまで75歳以上の方に接種券を郵送しています。74歳から65歳以上の方には、今月末から順次、接種券を発送します。

 

集団・個別の接種、1回目が進行中

 ワクチンを接種するためには、市が発送する接種券(クーポン券)が必要です。接種券に記載してある番号に基づいて、接種する日を事前に予約しなければなりません。接種は2回行いますが、いまは1回目の接種です。

 市内で最初のワクチン接種は、今月8日、加須保健センターで行い、180人の方が接種しました。

 10日から、医療機関で個別接種が始まり、12日までの3日間で560人が接種しました。8日から12日まで、合計740人の方が1回目の接種を終えました。

 昨日/15日は、騎西健康福祉センターで240人が接種を受けました。

 ワクチン接種はこれから、75歳以上の方を対象に、集団接種と個別接種の、2つの方式ですすんでいきます。

2021/5/16