市議会レポート

HOME > 市議会レポート > 予算修正案 本会議で審議へ

予算修正案 本会議で審議へ

 

 会期1か月におよんだ予算市議会は、明日が最終日の本会議です。

 市議会は今日、議会運営委員会をひらき、明日の本会議に、日本共産党議員団が提出した「2021年度一般会計予算に対する修正案」を上程。審議することを決定しました。

 

 

 日本共産党議員団が提出した予算修正案の内容は以下のとおり(単位は千円)。

 

➀特別養護老人ホーム等の施設関係者に社会的PCR検査を実施 21,525

 

②PCR検査を実施する市内医療機関に財政支援  3,480

 

➂コロナ禍の下で市民のくらし応援と地域経済を連携させ、全世帯に絆サポート券5千円を交付する――2億40,000

 

④困窮するひとり親世帯に絆サポート券1万円、第2子以降に更に1万円を交付――12,660

 

⑤持続可能な地域経済に、制度融資の保証料全額補助、利子補給20%から50%に大幅に引き上げ支援する  ――1,800

 

⑥米寿敬老祝金減額を元に戻して1人5万円を贈呈  ――10,000

 

⑦幼保無償化による財源を活かし、公私の保育所の副食費を無償化する――50,200

 

⑧公立幼稚園13園の副食費を無償化する ――22,625

 

⑨子ども医療費を18歳まで無償化を拡大する ――42,000

 

⑩小中学校30校の体育館にエアコン設置の調査費を措置 ――48,000

 

⑪小中学校30校に緊急地震速報の端末を設置 ――8,250

 

⑫小学校新入生に机の引き出しをプレゼント ――753

 

⑬通学路の危険なブロック塀改修工事に補助 ――4,500

 

⑭木造住宅耐震化補助を5倍、50万円に引き上げて推進 ――3,450

 

⑮組み替え財源は、同和事業を全廃、身の丈超える開発事業とオリンピック関連および不要不急事業を見直して充当。なお、不足する財源は財政調整基金を取り崩して対応する。

2021/03/16