市議会レポート

HOME > 市議会レポート

INDEX

市・非正規 労働条件改善を

  市民に対する行政サービスは、市職員を通じて提供されます。 市職員は、正職員と非正規職員に分かれます。非正規職員は昨年4月から、「会計年度任用職員」(以下は任用職員)という制度に変わっています。   新年度の…

……続きを読む

水害時 要援護者の避難は

  加須市は水害や地震など大規模災害時に、1人では避難できない高齢者や障がい者など災害弱者について、本人から市に申請してもらい、「災害時要援護者」として登録しています。 そのうえで、災害時に近所の人や知人などの協力によって、要援護…

……続きを読む

水害時 避難所1万人不足

  台風に備えて、利根川などが越水したとき、住民が避難する避難場所の確保が喫緊の課題です。 予算市議会(3月5日・本会議)で私は、水害時に広域避難する避難場所の不足、およそ1万人分を確保するよう、市長に求めました。 &n…

……続きを読む

母子世帯 給水停止ダメ

  「水」はいのち。人は、水がなければ生きていけません。 市議会・水道事業の審査の中で私は、社会的弱者となる高齢者世帯・母子世帯・障がい者世帯などについて、給水停止をやめるよう、改善を求めてきました。その結果、今年1月末時点で、高…

……続きを読む

ケア労働 待遇改善を

  コロナ禍の下で、市民が生活するうえで、社会の脆弱性が浮き彫りになっています。 市民が日常生活を送るために欠かせない仕事を担っている、医療機関・介護・福祉の現場で働くケア労働の人たちが、大変な思いをしながら従事しています。&nb…

……続きを読む

女性課長 3人増える

  加須市は1日の人事異動で、女性課長が3人増えました。この結果、課長職に占める女性の割合は約17%まで伸びました。   昨年度、市役所・課長83人のうち、女性は僅か11人、全体の13.3%に過ぎません。予算市…

……続きを読む

ひとり親 子どもに5万円支給

  市議会は今日、会派代表者会議をひらきました。 副市長などから、コロナ禍の影響が長期化する下で、低所得の子育て世帯(ひとり親・ふたり親)に対し、児童1人当たり5万円を支給する2020年度補正予算(第13号)の専決処分について説明…

……続きを読む

斎場議会 組合予算を可決

  加須市など3市1町が広域で運営している広域利根斎場組合(管理者・加須市長、加須市川口4丁目)は今日、斎場組合議会をひらき、2021年度組合会計予算を全会一致で可決しました。   予算の総額は2億9,150万…

……続きを読む

ワクチン情報 分かり易く

  新型コロナウイルスのワクチン供給が遅れています。 加須市に最初にワクチンが供給されるのは、現時点では4月26日の週になる予定。但し、供給されるワクチンの量は487人分(2回接種分)だけです。このため市は、接種の対象者について、…

……続きを読む

ジェンダー平等 2点を提案

  市議会で私は、ジェンダー平等の推進を継続して取り上げています。そのなかで、2021年度から始まる加須市10年間のまちづくり=「総合振興計画基本構想」に、ジェンダー平等が組み込まれています。  ※ジェンダーと…

……続きを読む