このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。


 昨年、「保育園落ちた」のブログで保育園待機児問題が大問題となりましたが、今年も待機児は解消されず、認可保育園に入れなかった保護者から悲鳴があがっています。
 また、全国では保育施設でのいのちにかかわる事故が繰り返し発生する中で、保育の質の確保・向上を求める保護者の願いも切実です。
 日本共産党渋谷区議団は、保育・子育てについての保護者や区民のみなさんの願いを実現するために、アンケートにとりくみます。
 ぜひ、ご協力をお願いいたします。こちらのアンケートフォームでご回答ください。

2017年3月 日本共産党渋谷区議団

※アンケートフォームのご利用はパソコンをおすすめいたします。

はじめにお伺いいたします

     

年齢

1.10歳代  2.20歳代  3.30歳代  4.40歳代  5.50歳代 
6.60歳代  7.70歳代  8.80歳以上
世帯 1.ひとり暮らし  2.夫婦世帯  3.子どもと同居  4.親と同居
5.その他

お子さんが
いる方へ

※通っている施設に
チェックして下さい。
※数字は半角英数字

  年齢 区立保育園 私立保育園 認可保育 幼稚園

その他
(具体的に)

第1子
第2子
第3子
第4子
保護者の
働き方
お父さん 正規 非正規 1日の平均的
勤務時間
時間 その他
(自営業など)
お母さん 正規 非正規 時間


1.子どもの保育について

●増やして欲しい保育施策について(2つ選んでください)
1.区立の認可保育園  2.区立保育室
3.社会福祉法人の認可保育園  4.株式会社の認可保育園
5.認証保育所  6.低年齢児の小規模保育
7.保育ママ  8.区立幼稚園
9.その他

理由を記入してください。

2.保育の質の確保について

●保育の質を良くするために充実して欲しい保育施策について(2つ選んでください)
1.民間保育士の給与の改善   2. 保育士配置基準の上乗せ
3.園庭の確保  4.子ども一人当たりの面積基準の拡大
5.民間保育園への助成拡大  6.保育基準のガイドラインを決めて、指導を強める
7.その他

理由を記入してください。

3.認可保育園を希望しても、入れない方にお尋ねします

●子どもの保育をどうされていますか(予定も)
1.育休を延長する
2.仕事を辞める(休職を含む)
3.一時保育や支援センターを利用
4.転居する
5.ベビーシッターを利用
6.両親に預ける
7.その他

困っている実情を具体的にお書きください。

4.子育て支援、教育環境の充実について

●保育以外に充実してほしい子育て支援について(複数回答可)
1.子育て支援センターの増設
2.子ども医療費無料制度の高校生までの拡大
3.公立小中学校給食の無償化
4.就学援助の拡大、子ども食堂への支援など、子どもの貧困対策の強化
5.小中学校での30人以下学級の実現
6.不登校、いじめ対策の強化
7.学童保育の実施、放課後クラブの改善
8.その他

保育や子育てについて、要望や意見をお書きください

お名前
ご住所
電話番号
※電話番号形式
(99-9999-9999)
メールアドレス

  


日本共産党区議団の提案

(1)潜在的な待機児も含め、全面的に調査を行い、就学前の人口の50%を目標に、認可保育園の増設を中心とした整備計画を策定する。
(2)区立保育園設置を中心とした整備を進める。整備にあたっては、近隣住民との合意を大切にする。代々木2・3丁目や神宮前3丁目の国有地、幡ヶ谷2丁目の都営住宅跡地など、国有地、都有地、民有地を積極的に活用する。
(3)認可外保育施設については、認可保育園への移行を促進する。
(4)学校給食の無償化、就学援助の拡充、高校生の医療費無料化など子育て支援を拡充する。