日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
お知らせ
<< 戻る

6月市議会 閉会しました

(ノカンゾウ・不動岡公園で2日)
(ノカンゾウ・不動岡公園で2日)

 6月定例市議会は6月30日、会期最終日の本会議をひらき、すべての議案を可決し、閉会しました。会期は16日間(6月15日〜30日)。

 審議した議案は、補正予算や条例、工事請負契約の締結、それに任期満了に伴う教育委員の任命、公平委員の選任――全部で9件でした。議案は、本会議と総務委員会(一般会計補正予算)で審議し、すべて可決しました。
(ネジバナ)
(ネジバナ)
 
 補正予算や条例などの議案に対し、日本共産党議員団を代表し、私が本会議(6月20日)で、市民の立場から1時間余りにわたり、質疑を展開しました。

 私が行った質疑は、◇加須市に済生会病院を誘致するため条件整備、◇介護保険の制度改正による影響、◇公共工事における法定福利費の支払い指導、◇2016年度繰越金の見通しなど。

 今回、介護保険の制度改正に係わる議案を審議。
その内容は、介護サービス利用者の負担を軽減する「高額介護サービス費」の限度額について、1か月当たり現行3万7,200円を、7200円引き上げ、4万4,400円にするもので、約20%の大幅な引き上げです(対象は市民税課税世帯)。

 利用者1人当たり、年間8万6,400円の負担増です。実施は今年8月から。私が討論を行って、この議案に日本共産党議員団は、利用者の立場から反対しました。



 市議会が審議する議案(予算や条例など)は、市議会で議決すると、その効力は11万3千人・全市民を拘束し、市民のくらしに大きな影響をおよぼします。
画像

 6月市議会の本会議(20日)で、議案に対する質疑を行った議員は、日本共産党議員団を代表した私と、他会派議員の2人だけでした。

 質疑の時間は全体で1時間20分。このうち、私の質疑は1時間余りにおよびました。

 党議員団が市民の立場から、疑義をただすために行う質疑によって、議事機関として加須市議会の機能が発揮され、党議員団の存在感が浮き彫りになっています。
2017/07/03

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。