日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
お知らせ
<< 戻る

予算市議会 閉会しました

(白モクレン・不動岡公園で25日)
(白モクレン・不動岡公園で25日)

 2017年度予算の審議が焦点だった予算市議会。今月17日、最終日の本会議をひらき、すべての議案を可決し、会期29日間を終了して閉会しました。

 審議した議案は、2017年度予算、条例関連、済生会病院を誘致する用地取得、農業委員の任命など59件でした。

 日本共産党議員団(以下は党議員団)は、地方自治法に基づき、市民から授けられた議案提出権を活用し、「2017年度一般会計予算に対する修正案」(市民の願い実現13項目・18億3,073万円)を提出。私が、本会議で修正案について説明し、審議を行って採決しました(賛成少数で否決)。

 党議員団は、市長が提出した59議案に対し、市民の利益を守る立場から、白寿・百寿の敬老祝金を半分に引き下げる条例など、11議案に討論を行って反対しました。

 予算市議会で私は、本会議で質疑を2日続けて2時間20分、一般質問を一問一答方式によって1時間、討論を本会議で2日・2回行いました。委員会では、総務委員会で補正予算などを審査しました。

 新年度予算を審査した予算特別委員会では4日間、市政全般にわたり、集中的に審査しました。特に、委員会最終日の総括質疑では、担当部長に25項目を質疑。教育長に3項目を質疑。市長には、市政の課題10項目について、一問一答方式により1時間30分にわたり質疑を展開。市民の立場から、問題を掘り下げた面白い議論になりました。
画像

 また、質疑、質問、予算委の総括質疑などについて、市長部局などのヒアリング依頼に応じ、担当課長と延べ5日間、通算12時間におよびました。

 新年度も引き続いて、市民の利益を守るため、力をつくしてまいります。よろしくお願いします。
2017/03/27

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。