日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
お知らせ
<< 戻る

市メール誤配信の再発防止

(加須市役所)
(加須市役所)

 加須市は先月11日、かぞホッとメール「かぞ安全安心情報」で、「ゲリラ・特殊部隊攻撃情報」として、「当地域にゲリラ攻撃の可能性があります」などと、メールを誤って配信しました。

 このあと、市民への対応も後手にまわりました。

 今回の原因は、業者が防災行政無線のソフトウエア改修中に、市メールと連動しているのに、メール配信を接続した状態で、確認作業を行なったことが、誤配信につながったものです。

 その際に私は、ホームページで開会中の市議会で、再発防止・危機管理のあり方について質すことを表明しました。そこで私は、そのとおりに対応しました。

 この問題について私は、決算特別委員会で、3日間にわたって、再発防止・危機管理のあり方について、質疑を行なってきました。

 はじめに、9月24日に取り上げて質疑。
市は今年3月、「市政をとりまくさまざまなリスクに対し自律的に対応できる体制を整備する」ため、「加須市リスクマネジメント基本方針」を定めました。このとおり、事務を執行すれば、今回の問題は発生しませんでした。私は、この方針および内容について、全職員に徹底させるよう提案。

 2回目は、9月26日に取り上げて質疑。
防災行政無線と市メールの維持管理は、常時行なっている。従って、誤配信の問題は、常に内在しているリスクであることを指摘。再発防止には、人間が誤りを犯すことを大前提に、業者への仕様書に、二重三重のチェック体制を指示し、その旨を明記し、徹底させることを提案。

 3回目は、決算特別委の最終日(今月1日)、総括質疑で質疑。
総務部長および環境安全部長に対し、 屮螢好マネジメント基本方針」の徹底を図る、業者に対する仕様書に再発防止策を明記し徹底を図る、ことを提案しました。

 環境安全部長は、誤配信について改めて市民に陳謝。関係する2人の部長は、私の提案にそった対応を約束しています。

 今回のような問題が発生しないよう、引き続いてチェックしてまいります。
2014/10/09


<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。