日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

日本共産党 創立95周年

(オニユリ・不動岡公園で15日)
(オニユリ・不動岡公園で15日)

 今日・7月15日、日本共産党は創立95周年を迎えました。
日本共産党は1922年(大正11年)に創立され、今日が95周年です。 加須市内でも日本共産党は、戦後すぐから活動をはじめ、市民のくらし・利益を守って、今年で72年の歴史があります。





 日本共産党は1922年(大正11年)7月15日に創立し、今日、95周年を迎えました。
95年前、日本共産党を創立した戦前の日本は、「天皇絶対」の専制政治・人権抑圧の体制でした。

 国民の自由な発言はいっさい許されず、異論を唱えれば容赦なく厳しく弾圧されました。このため日本共産党は、誕生とともに非合法で活動せざるを得ませんでした。先進国のなかで、異常で過酷な弾圧が行われました。
画像

 日本共産党は侵略戦争と植民地支配に反対し、反戦・平和、自由と民主主義のために、命をかけてたたかい抜きました。あの小林多喜二をはじめ多くの先輩が、逮捕、投獄され、拷問で殺されました。

 戦前の勇気あるたたかいが、日本が敗戦で受け入れた「ポツダム宣言」で、あの戦争が侵略戦争と認定され、いまの憲法に戦争放棄、主権在民が明記されました。

 安倍晋三政権は、憲法改正(9条を破壊する)に異常な執念です。これは今の憲法でつくられた、戦後日本のあり方を根本的に変える、歴史を後戻りさせる大逆流です。

 現代版治安維持法といわれる「共謀罪」法の強行、加計(かけ)学園など「国政の私物化」、問答無用の強権政治に、国民の批判が高まっています。時事通信の7月世論調査では、安倍内閣の支持率が3割を切っています。

 都議選で日本共産党の躍進は、安倍暴走政治と真正面から対決する、揺るがない日本共産党に対する期待の表れです。安倍政権の打倒に向けて、日本共産党は市民と野党の共闘を積極的にすすめています。安倍政権を追い詰めるたたかいを、ごいっしょに進めましょう。

 5年後、日本共産党は創立100周年を迎えます。
日本も世界も大きく激動する時代の中で、日本共産党が果たす役割と責任が益々重要となっています。そこで日本共産党は、一人でも多くの方が、党に加わっていただき、「しんぶん赤旗」のご購読いただくことを、呼びかけています。 


加須市で72年

 日本共産党は加須市で、戦後すぐから活動をはじめています。当時は、町村合併前の旧加須町から活動をはじめ、その活動は周辺地域に広まっていきました。

 埼玉新聞1946年3月11日付は、「共産党加須町民大会開催」の記事を掲載しています。旧加須市が編纂した「加須市通史編」のなかで、日本共産党の活動を紹介しています。

 日本共産党は、旧加須町のときから町議会に議席を有し、住民のくらしと福祉、利益を守るために、住民と力をあわせて活動してきました。地域を揺るがす大きな問題に直面したときには、住民の利益を守るため、市民と力あわせ全力で取り組んできました。
画像

 いま、加須市議会に日本共産党は4議席を占め、公党第1党として、その重要な役割を果たしています。

 日本共産党創立95周年を祝し、日本共産党加須市議会議員団のメッセージが、「しんぶん赤旗」今日(7月15日)付に掲載されています。
2017/07/15

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。