日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

桜と菜種梅雨

(菜の花・利根川右岸の土手で7日)
(菜の花・利根川右岸の土手で7日)

 春うらら。桜が満開で春爛漫の季節です。
しかし、今日(9日)は終日、雨模様の天候。昨日も小雨が降ったり止んだり、最近は天候不順が続いています。3月下旬から4月上旬に降る長雨のことを、「菜種梅雨(なたねづゆ)」というそうです。

 市内のあちこちで黄色に咲いている菜の花は、すぐに目に映えます。
一番の見どころは、何といっても利根川・未来館周辺の土手一面に咲く菜の花…。これは圧巻で見事です。菜の花が咲くころの長雨が「菜種梅雨」…何とも風情のある名前です。

 しとしと降る雨に打たれ、満開の桜が散り始めています。
桜の下の水溜まりには、幾重にも桜の花びらが浮かんでいます。桜の下の歩道には、散った花びらで、まるで雪が降ったように白くなり、これもまた風情と趣があります。
(会の川で7日)
(会の川で7日)

 市街地の桜の名所・会の川の桜も散り始めています。散った花びらが、川面一面に広がり、ゆっくり流れていく光景は、まさしく「花筏」を連想させます。

 昨日(8日)も小雨でしたが、公園で花見を行ったグループがありました。あとで話を聞くと、桜の下で傘を差しながら何時間も盛り上がったとか…。その桜も、まもなく終わりです。

 一雨ごとに、草花の緑が鮮やかになっています。林の木立の梢は、若芽でうっすら黄緑を帯びてきました。春先、山の木々が一斉に芽吹き、「山が萌える」と称しますが、その光景です。

 農家の軒先のハウスでは、早くも苗床の苗が青々と成長としています。

 今月下旬には、田植えが始まります。加須市は「埼玉一の米どころ」、農家はまもなく農繁期を迎えます。
2017/04/09

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。