日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

まるで「魔法のようです」

(不動岡公園で10日)
(不動岡公園で10日)

 歯の痛さは格別です。
昨日(14日)から歯が痛くなり、夜になると痛さが増すばかり…。これは、歯科医で治療してもらうしかない。昨晩は、そのように考えて就寝でした。

 朝起きたら、歯の痛みは増すばかり…。
これは困った…。歯が痛くなったのは昨日から。思い起こせば、それ以前から、少し違和感はありました。

 それにしても先週から、すごく忙しい日が続いていました。昨日は午前中、市議会に出向き、12月市議会について打ち合わせ。これを早々に終わらせ、今度は昼食もそそくさと摂り、前から市民と約束していた、さいたま市の法律事務所まで出かけてきました。

 余談ですが、この法律事務所の弁護士さんは30数年来、私が市民から相談を受けた民事・刑事の法律事案について、すべて対応して頂いている方です。私の議員活動を法律の面からサポートして頂いている、実質的に顧問弁護士さんのような存在です。市民から私に緊急の相談があれば、休日でも対応して頂いています。

 さて、話を元に戻し、歯痛の問題です。
その前日は、市議会の政治倫理審査会で関係議員に対する事情聴取でした。よく考えてみると、これまで私の議員活動は、少しオーバーワークだったのかもしれません。それが歯痛になって現れたのか、などと考えもしたのですが…。

 いずれにしても痛みは増すばかり。朝食のときは、痛くて噛むことができず、これはかなり不自由です。

 かかりつけの歯科医さんに、診察時間の始まりを確認し、さっそく予約の電話を入れ、何とか治療時間をとって頂きました。一般診療が始まる前に、治療してくれるというのです。これは助かった!

 歯科医さん、「歯の中を診てみます」。
治療が始まりました。その間、じっと我慢です。治療がすすみ10数分、歯科医さんが「噛んでみてください」。そこで、おそる恐る噛んでみたのですが、痛みがなくなり噛めるのです。「どうですか」と歯科医さん。私は嬉しくなり、「痛みがなくなりました。まるで魔法のようです」と。

 僅か10数分の治療で、あの激しい歯痛がなくなるとは…。私には一瞬、「魔法にかかったか」―これが実感でした。
画像

 おかげさまで、このあとの議員活動は、何の憂いもなくなり、私の従来通りの議員活動ができるようになりました。歯科医さん、ありがとうございました。

 このように、私の議員活動、様々な方たちに支えられています。本当に感謝、感謝です。
2014/11/15


<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。