日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

夏鳥の季節に

(オオヨシキリ・「浮野の里」で23日)
(オオヨシキリ・「浮野の里」で23日)

  「カッコー カッコー」――数日来、カッコウの甲高い鳴き声が聞こえています。この時期になると、毎年、カッコウの鳴き声が聞こえてきます。

 市街地に住んでいるのに、カッコウの鳴き声が聞こえるなんて…なぜか、郷愁と懐かしさを感じます。

 カッコウは夏鳥、この時期に日本に渡ってきます。夏鳥といえば、ホトトギスもそうです。数日前、ホトトギスの鳴き声も聞こえてきました。

 ホトトギスの鳴き声は、私には「ホウチョウトゲタカ(包丁が研げたか)」と聞こえてきます。なぜ、「包丁が研げたか」と聞こえるのか? 

 私が子どもの頃に、母親からホトトギスについて、「昔、子どもが包丁で親を殺してしまった。親不幸の罰で鳥になり、今でも“ホウチョウトゲタカ”と鳴いている」という話しを教わりました。この話が、少年の心に強烈な印象として残りました。

 そのことが元で、半世紀以上も経っているのに、ホトトギスの鳴き声を聞くと必ず、「ホウチョウトゲタカ」としか、私には聞こえないのです…。

画像
 夏鳥の仲間が市内にもう一種類います。それはオオヨシキリです(写真参照)。いま、「浮野の里」のヨシ原には、オオヨシキリが繁殖のため渡ってきています。

 いつもは静かなヨシ原が、夏の来客=オオヨシキリが発する「ギョギョ、ギョギョギョ」という鳴き声で、実に賑やかな場所に変貌しています。
2014/05/25

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。