日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

早春の花、マンサク咲く

(マンサク/不動岡公園で1日)
(マンサク/不動岡公園で1日)

 きびしい冷え込みが続き、一年のなかで最も寒い、「大寒(だいかん)」も今日(2日)で終わりです。

 明日は、冬から春に、季節が変わる節分。旧暦では、立春が新年でした。豆まきの行事は、大晦日の節分に、平安時代の宮中での悪鬼・邪気を祓う行事と、寺社で行われていた豆打ちの儀式が合わさったもの、といわれています。

 おおもとの風習は、中国から伝わりました。それが江戸時代に、邪気を祓って新年を迎える「豆まき」が、庶民の間に広まりました。そして、明後日・4日は「立春」です。

 市内の公園を訪れると、きびしい寒さのなかで、早春の花=マンサクが咲いています。また、早咲きの梅の花が咲き始め、梅特有の香ばしい香りがまわりに漂い、花を見に来る人を楽しませています。

 さらに、蝋梅が満開になっています。農村地域に出向くと、陽当たりのよい小川の土手には、菜の花が北風に揺れながら咲いています。よく観察してみると、菜の花の花弁には、小さい昆虫が蜜を求めて留まっているではありませんか。

(梅の花/はなさき公園で1日)
(梅の花/はなさき公園で1日)
 「大寒」の寒さが最も厳しい時季にあって、季節は春に向かって、しっかり動いている兆しを、五感で感じ取ることができます。

 しかし、暦のうえでは、立春とはいっても、春は未だ名のみ…。厳しい冷え込みが続くことに変わりはありません。

 それでも、「立春」の言葉を聞けば、少し気持が浮き浮きしてきます。春を待つこの気分は、年齢が幾つになっても変わることはありません。

(紅梅/不動岡公園で1日)
(紅梅/不動岡公園で1日)
 今年の加須市は、立春とともに予算市議会が始まります。明日が、予算市議会を10日に招集する告示。同時に、議員のもとに2014年度予算案など議案が届けられます。

 そして、明後日・立春の4日が、予算市議会の日程と会期を決定する議会運営委員会です。

 今週から、市議会関連の会議が続きます。これから、予算市議会の進行とともに、本格的な春が一歩ずつ近づいて来ることでしょう。
2014/02/02

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。