日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

幼稚園の祖父母参観

画像
 9月市議会の開会中、幼稚園に通園している孫娘から、祖父母参観の案内が届いていました。

 市議会が閉会し、私たち夫婦は、孫が通園している、幼稚園の祖父母参観に出かけてきました。

 孫は、4歳のとき、年少組で私立幼稚園に入園しました。そしたら、その年の秋に、孫が通園する幼稚園から、祖父母参観の案内が届きました。

 私たちが子育てした時代は、我が家は子どもが保育園にお世話になりましたが、当時、誰からも祖父母参観などと言う話しは聞きませんでした。

 あれから30年余りが過ぎ去り、いまの時代は祖父母参観があるのか…。時代の流れを感じました。「孫に寂しい思いをさせないために」―そのような話があり、「それはもっとも」という思いから、祖父母参観に出るようになりました。

 実は、昨年も祖父母参観の話しがありました。しかし、衆議院選挙の準備真っ最中だったことから、参観は断念せざるを得ませんでした。

 今年は、幼稚園最後の年でもあり、参観することを決めていました。
祖父母参観は、会場の園舎ホールに各組の園児が出場し、練習してきた歌などを発表します。さすがにホール内は、開始前から祖父母で満員。それぞれが孫の出番を待っています。

 発表会では、園児たちが手話を交えて歌を歌うなど、内容がとてもゆたかです。私たちの孫がいる年長の組は、最後の出番です。歌を元気に4曲披露しました。最後は、「見上げてごらん夜の星を」の歌でした。

  見上げてごらん♪ 夜の星を♪
  小さな星の♪ 小さな光りが♪
  ささやかな幸せを♪ うたってる♪


 園児たちが、口を大きく開けて、元気に歌っていきます。歌が最後になったら、会場が突然、真っ暗になりました。

 そしたら、園児全員が、どこに持っていたのか。両手に持った星を高く掲げました。その星は、みな光っています(掲載した写真)。同時に、ホールの天井には星座が現れ、会場全体が星空になって輝きました。祖父母全員から、「おおっ!!」と、感嘆と驚きの声があがり、拍手が園児たちをあたたかく包み込みました。孫たちの歌が、発表会の最後でしたが、まさしく有終の美を飾りました。

 このあと、各組に祖父母が分かれて参観です。
担任の先生が、「県外の方はいますか」と祖父母に質問。私が、「埼玉県です」と答えたら、「遠くから来て頂いて」と言われ、注目を浴びてしまいました。ちなみに、孫は長野県で暮らしています。私たちは孫から、「健康祈願」のお守りと贈物をもらいました。

 いっとき、他の園児たちが、私のもとに来て、肩を揉んでくれたりしました。園児のやわらかい小さい手で、肩をもんでもらったら、議会の疲れがあっという間に消えてしまいました。どうやら、私が遠くから来た、ということで園児の興味を引いたようです。これを見た孫娘が、「じいじは人気者だから」と話していました。

 この子たちは、いったい、どのような人生を歩んでいくのでしょうか…。孫はじめ園児たちの、健やかな成長を、切に願ってやみません。そして、平和でよい社会を創って、孫の世代に引き継ぎたい―これが私の熱い思いでもあります。
2013/10/27

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。