日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

アゲハ蝶幼虫 今年もわが家に

(アゲハ蝶の幼虫、朝顔の花を食す)
(アゲハ蝶の幼虫、朝顔の花を食す)
 猛暑を避けるため、わが家が育てたグリーンカーテン。

 そこには朝顔も自生し、弦を伸ばしています。最近、涼しくなり、またアメリカシロヒトリが発生したことから、家内が今朝(14日)、消毒のうえ、グリーンカーテンを取り除く作業を始めました。

 そしたら、アゲハ蝶の大きい幼虫が5匹も見つかったのです。

 実は昨年も、わが家で育てた、朝顔のグリーンカーテンにアゲハ蝶が産卵しました。

 アゲハ蝶の幼虫は、食欲が極めて旺盛です。大きくなった幼虫の数匹が、朝顔の弦だけ残して、葉はすべて瞬く間に食べつくしました。朝顔に食べる葉がすべてなくなったら、蝶の幼虫はいずこかへ去っていきました。

 ところが、1週間ほどして、朝顔の葉が再び生えてきたら、あの幼虫たちが、どこからか再び現れ、また葉をすべて食べつくしてしまいました。

 それでも、さなぎから蝶に変身したアゲハ蝶は、飛び去る前に、我ら夫婦の前に、いっとき止まり、翅(はね)を乾かし、いずこかへ飛び去って行きました。まるで、朝顔を残した我ら夫婦に感謝するかのように…。

 今年も、蝶の子孫が、わが家のグリーンカーテンに産卵しました。
朝顔の葉は、すでに大半が食べつくされています。よく観察していたら、幼虫は朝顔の花まで食べていました。結局、家内は消毒を中止、水で洗浄し、そっとしておきました。そして、グリーンカーテンは、幼虫が住んでいる間は残しておくことにしました。

画像
 幼虫たちは、何事もなかったように、朝顔の葉を食べています。しかし、まもなく葉はすべて食べつくされ、なくなることでしょう…。

 ところで、心配なことがあります。
それは、アゲハ蝶の幼虫を見たのは、昨年より1か月以上も遅いことです…。今年は、暑い日が続いています。それでも、これから涼しくなっていきます。

 季節的に考えて、この幼虫たちが脱皮し、さなぎからアゲハ蝶に変身したとき、元気に飛び舞って、花の蜜を吸うことができるかと…。それとも、さなぎの状態で越冬するのか……。
2013/10/14

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。