日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

祝 党創立90周年

(行田市「古代蓮の里」16日撮影)
(行田市「古代蓮の里」16日撮影)
 日本共産党は一昨日・15日、党を創立して90周年を迎えました。

 日本共産党が創立されたのは、戦前の1922年。当時は、戦争反対、主権在民を唱えただけで弾圧され、投獄される天皇制絶対の暗黒時代でした。

 以来、日本共産党は平和と民主主義の旗を高く掲げてたたかい、幾多の歴史の試練に耐え、今月15日、党を創立して90周年を迎えています。





 日本共産党は今月15日、党を創立して90周年を迎えました。
日本共産党が創立されたのは、戦前の1922年7月15日。当時、国の主権は天皇にあり、絶対主義的天皇制のもとで、国民から権利と自由は奪われていました。侵略戦争反対、主権在民を唱えるだけで弾圧され、投獄される暗黒の時代でした。

 こうしたもとで、わが国の進歩と変革の伝統を受け継いで、1922年に、日本共産党が創立されました。

 党を創った先人たちは、侵略戦争反対、主権在民、基本的人権の尊重、8時間労働制、男女平等など、平和と民主主義の旗を高く掲げ、迫害や投獄に屈することなく、たたかいました。この途上で、弾圧のために、少なくない先輩たちが、生命を奪われ、文字通り命がけでたたかいました。
画像


 そして、戦争が終わり、日本共産党が掲げたスローガンは、日本国憲法のなかに、主権在民、戦争放棄、基本的人権の尊重、議会制民主主義、8時間労働制、地方自治などの形で、しっかり実っています。

 戦後の政党は、戦争に協力したため、同じ名前を使えず、新たな名前で出発しました。

 その後も、政党の離合集散がひんぱんに繰り返されています。民主党・野田政権に至っては、国民を裏切り続け、今では自民党「野田派」とまでいわれています。

 しかし、日本共産党だけは、「国民の苦難あるところに、日本共産党あり」―この立党の精神にもとづいて、国民の利益を守って活動し、今日に至っています。こうしたことから、幾多の歴史の試練に耐え、試されずみの、日本共産党の名前で、いま党創立90周年を迎えています。


加須市の地域で、戦後間もなくから活動

 日本共産党は、加須市の地域でも、戦後まもなくから、活動を始めています。

 合併前、旧加須市が編纂した「加須市史通史編」は、「日本共産党加須地区委員会(結成年月日 昭和23・5・1)が…加須町に組織されるとともに、日本共産党ではこれら下部組織として、郡内各町村に…を組織した」と紹介しています。
画像


 しかし、埼玉新聞1946年3月11日付は、「共産党加須町民大会開催」の見出しで、「加須共産党闘争委員会は、十日午後1時から加須女学校講堂で第二次町民大会を開催」の記事を掲載しています。

 従って、実際には、戦後間もなくから、加須地域で日本共産党が活動していたことが解ります。

 こうした、たたかいの伝統を受け継いで、私は引き続いて、全力でがんばります。今後ともご支援・ご協力を、よろしくお願い致します(2012/07/17)。

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。