日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

啓蟄から1週間 虫が活発に

画像
 今日(3月11日)の午前中、曇り空でしたが穏やかな天候でした。

 小川にそった南向きの土手では、菜の花が日ごとに、その数を増やしています。

 そして、冬ごもりしていた虫たちが地上に這い出してくる頃、といわれる「啓蟄(けいちつ」から1週間が過ぎました。

 季節の移ろいとともに、さすがに虫の活動が活発になっています。

 土手に咲き誇った菜の花には、蜜蜂が忙しそうに、花から花へと蜜を求めて飛び交っていました。素早い動きなので写真に撮るには、少しもどかしさを感じます…。それでも、何枚かは、納得できる写真が撮れました。
画像


 あとで写真をよく見ると、蜜蜂の口のまわりには、花粉がいっぱい付いているではありませんか(上の写真)。この姿を見ると、自然と微笑みがこぼれてきます。


 さらに、枯れた草の間には、よく見ると「ナナホシテントウムシ」が動き回っています。これも動きが早く、なかなか思い通り、シャッターのなかに収まってはくれません。

 それでも、何とか撮れました…。テントウムシも冬ごもりから、まだ出てきたばかり…。その背中は、春の温かい日射しをいっぱい浴びて、輝いています。
画像


 ナナホシテントウムシ…見た目はかわいらしいイメージです。しかし、肉食性の昆虫です。食べ物は、幼虫も成虫も植物につくアブラムシだそうです。

 例年になく寒かった今年の冬。それでも、春の訪れとともに、越冬していた虫たち・生き物が目を覚まし、活発に動き回っています。

 今日、3月11日は、あの大震災から1年。犠牲になられた方々に、心からお悔やみを申し上げます。そして、被災者の皆様にお見舞いを申し上げます(2012/03/11)。

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。