日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

春の訪れ、「光の春」から

(猫柳/はなさき公園で16日)
(猫柳/はなさき公園で16日)
 今日(17日)は、夜になって雪が舞う天候になりました。
毎日、寒い日が続いています。日本海側の地方と北国は、豪雪とのたたかいが続いています。

いったい春の訪れはいつになるのか…。そのような思いも浮かんできます。

 季節を表す二十四節気は、明後日・19日が「雨水」です。
きびしかった寒さが和らいで、雪から雨に変わる頃。雪解けが始まる―という季節になります。

 確かに、市内では、早春の花・「まんさく」が満開を迎えています。そして、花びらが濃いピンクで鮮やかな「寒紅梅」が数輪ほころんでいます。

 昨日、久しぶりに「はなさき公園」に出けたら、梅の花が開花していました。さらに、小川のほとりでは、猫柳のつぼみが少し膨らんでいました。
(ウメの花)
(ウメの花)


 厳しい寒さのなかでも、自然界はゆっくりと、とてもゆっくりと、春に向かって進んでいることを感じることができます。

 「光の春」という言葉があります。
風は冷たいのですが、日照時間は確かに長くなっています。そして、風がなければ日差しの温かさを感じます。

春の訪れは、先ずは日射しから…。これが「光の春」ということでしょうか…。

 このように、視覚と肌で春の訪れ、春の足音を実感することができます。
(まんさく)
(まんさく)


 来週から予算市議会が始まります。
会期は29日間。約1か月におよぶ長丁場の審議となります。この間、季節は冬から春へと、大きく移っていきます。

 春の訪れを五感で受けとめ、心をより豊かに。
そして、市議会の審議は住民の目線でシビアに…。来たる市議会、このスタンスで臨んでいきます(2012/02/17)。

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。