日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

《随想》 2012年 日の出を観て

(日の出・埼玉大橋から利根川下流方向・1月3日撮影)
(日の出・埼玉大橋から利根川下流方向・1月3日撮影)

 2012年がスタートして2週間。私の議員活動も慌ただしくなっています。

 この数年来、私の新しい年のスタートは、「初日」を観ることから始まっています。今年はどうしたのか?

 残念ながら、今年は天候が悪く、初日はあきらめました。それでは2日はどうか。やはり、早朝は雲が多くて、日の出を見ることは期待できません。

 少なくても三が日の間に、日の出は見ておかないと、新しい年のスタートを切ったという気分になりません。そして、年が明けて3日目。早起きして天候を確認したところ、雲はあるが、何とか日の出を見られそうだ。そのような思いから、利根川に架かる埼玉大橋に出かけました。

(未来館と浅間山・埼玉大橋から)
(未来館と浅間山・埼玉大橋から)

 そしたら、埼玉大橋の最高部・利根川の真ん中部分で、カメラを東の方向・利根川下流に向けて、日の出を待ち受けている人が結構いるのです。20人くらいはいたでしょうか。

 それにしても、新年、早朝の北風は冷たすぎる…。
埼玉大橋の最高部は360度、見晴らしは素晴らしいのですが、いかんせん、風をさえぎるものが何もありません。

このため、冷たい北風がもろに吹き付けてきます。しかし、厳かで美しい日の出を観るためには、少しぐらいのことは我慢、我慢です。

じっと待ち続けること数分。しかし、これが意外と長く感じるのです。やがて、日の出が始まりました。その瞬間、いっせいに待ち構えていたカメラのシャッター音が鳴り響きます…。その間にも、どんどん太陽が昇っていきます。

 しかし、今年は残念なことに雲が多かったこと…。このため、例年のように、綺麗な写真を撮ることはできませんでした。それでも、新しい年、三が日の日の出を観て、自己満足の気分にひたりました。

 それから、埼玉大橋の最高部からの眺めは、素晴らしいものがあります。
太陽が昇る東の方角には筑波山。それから北の方角には、日光男体山を中心とした日光連山。その西には赤城山。さらにその西、ちょうど未来館の後方には真っ白な浅間山が見えます。そして南には富士山です。まさに360度のパノラマです。



 今年は、民主党政権の行き詰まりから、解散・総選挙が見込まれています。
(赤城山・埼玉大橋から利根川上流方向)
(赤城山・埼玉大橋から利根川上流方向)


いまの閉塞感が蔓延する社会をよくするためには、日本共産党の国会議員をもっと増やす以外にありません。そのために、新しい年・2012年を切り拓いていく決意です。

 それにもう一つ、加須市政は今年、合併後に先送りした税金・公共料金などの統合が行われます。

その際、料金統合にあたって、市民に負担増を押し付けない―合併の弊害を取り除く仕事が待ち受けています。

 いま市議会は、私たちを除いては、オール与党の構成。そのなかにあって、私たち日本共産党議員団・4名の議員には、住民目線に立って、市民の利益とくらしを守るという、大きな任務があります。新しい年・2012年も、その役割をしっかり果たすことが求められています。

 その仕事は、およそ1ヵ月後にせまった予算市議会から始まります。市民の思いをしっかり受けとめ、2012年も力をつくしてまいります(2012/01/13)。

画像

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。