日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
コーヒータイム
<< 戻る

《随想》 市議選を終えて

画像
 合併後、初めての市議選(定数32)が、昨日(24日)投開票されました。私は1,111票を獲得し、10回目の当選を果たしました。

 今回の選挙は、先月に発生した大震災から1ヵ月余り、1年前には3つの町との合併がありました。こうした状況のもとで、これからの加須市政をどのようにすすめていくのか―これが問われる選挙でした。

 私は、〆匈欧砲弔茲こ垢鼎り、合併の弊害なくし、住みよい地域をつくる―2つの政策を訴えてたたかいました。しかも選挙は、定数32名に対し、38名が立候補し、6名がはみ出す激戦でした。

 選挙中、私は、きめ細かく街頭演説。そこで、2つの政策と支持を訴え、活動地域を回りました。その回数は200回を超えています。

 有権者の間から、「演説の内容は私の思いと同じ」という共感が広がりました。雨がみぞれに変わるような寒いなか、外に出て私の演説にじっと聞きいるご夫婦。雨が降っているのに、傘もささないで私の話しに耳を傾ける人。夜、寒風が吹くなか、演説を聞くため外に出てくる人たち。また、「小坂さんの声が聞こえたから」と集まってくる人、人…。

「4年前の私の声を覚えているとは」―私の心は、感謝、感謝の気持ちであふれます。そして当然、演説には熱が入ってきます。

「よい話しを聞かせてもらいました」、「加須市をよろしくお願いします」等々、市民の様々な思いが私に託されました。1週間の選挙期間中、今回も筋書きのない、市民との絆を深める、実にたくさんの感動的なドラマに出会いました。

 そして、選挙期間があっという間に終わり、街のなかに再び静けさが戻ってきました。昨日まで、選挙活動で我を忘れて、慌ただしく過ごしてきました。それが今日、平常の生活に戻ってみると、何かしら違和感を覚えるから何とも不思議です。

 今日、選挙管理委員会の当選証書交付式に出席。そこで当選証書をもらってきました。選挙中、市民から託された思いをしっかり受けとめ、新たな決意で議員活動に取り組んでいきます。今後とも、どうぞよろしくお願いします。





 今回の市議選。当日の有権者は94,009人。そして、投票者数は49,060人(うち有効投票48,392票)。投票率は52.19%。

(出陣式で参加者に決意表明)
(出陣式で参加者に決意表明)

 日本共産党は5名の候補者を擁立し、当選したのは私を含めて4名。公党では、引き続いて第1党です。

また、選挙結果のモノサシとなる、議席占有率は12.5%に伸ばしました。さらに、地方自治法に基づいて、条例などを市議会に提出できる議案提出権を確保しています。

 日本共産党5候補の得票合計は5,075票。昨年の参議院選挙から、2.15倍伸ばしています。得票率は10.5%。前回の旧加須市と比較し、3.4%伸ばしました(2011/04/25)。

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。