日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

市議会公開研修 市民と議員が一緒に

画像

 市議会は今日(22日)、「市民公開研修講座」を議員全員協議会室で行い、市民と議員がいっしょに研修を受けました。いま、市議会が取り組んでいる、市議会が市民に開かれ、市民との協働を推進する、市議会改革の一環として実施しました。

 研修のテーマは、「地方自治法70周年と地方議会の課題について」。副題は、「〜AI(人工知能)・VR(仮想現実)時代の“まちづくり”を考える〜」。講師は平成国際大学・浅野和生法学部教授。

 浅野氏は、人口減少時代にどのように加須市の発展を考えていくのか――ということから講義を展開。地方自治に関し、憲法第92条と地方自治法第1条には、「地方自治の本旨」が定められていると指摘。それは、「住民自治」と「団体自治」の2つの要素から構成されていると解説。地方議員は「住民自治の側にいる人である」と強調しました。

 さらに浅野氏は、AI(人工知能)・VR(仮想現実)時代におけるコミュニティについて問題を提起。「生の感覚、活き活きした体験が重要な時代になっている」と指摘し、大学における学生との交流、絆の醸成について、具体的に講演をすすめました。

 そして、地元の大学、学生を通じ、加須市の発展につなげることが重要ではないか――まちづくりの重要な課題を提起し、講演を結びました。なお、平成国際大学は今年7月、学内に「地域連携室」を設け、浅野教授が室長を務めています。
2017/08/22

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。