日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

野党と市民は共闘を 12区の会

(左2人目から自由党、民進党、日本共産党、社民党の各代表)
(左2人目から自由党、民進党、日本共産党、社民党の各代表)

 「安倍強権政治ノー 野党と市民は共闘を」――「安保法制を廃止し、立憲主義を回復する埼玉12区の会」(略称:「12区の会」)が主催する講演会が今日(9日)、「行田市教育文化センターみらい」でひらかれました。案内を頂き、私が参加しました。

 安倍強権政治による憲法改正の動き、相次ぐ社会保障改悪、戦争する国づくり、共謀罪の強行――立憲民主主義はいったいどこにいったのか? 国民の意思に背く安倍政治にノーを! 

 12区の会は、このような安倍政治に対して、12区内の熊谷市・行田市・羽生市・加須市・鴻巣市の市民が結集し、「野党共闘の実現を求め、国民本位の政治をめざし、共同して運動をすすめること」を決意し、今年1月、結成総会をひらいて結成されました。
(講演する森裕子参院議員)
(講演する森裕子参院議員)

 そして今日、森裕子参議院議員(自由党・元文部科学副大臣、新潟県選出)を招いて、講演会をひらいたもの。テーマは、「森ゆうこ、野党共闘を語る」。

 森裕子参院議員は昨年の参院選で、定数一の新潟県で野党統一候補となり、自民党候補を接戦の末に破って当選しました。

 その力を基礎に、その直後に行われた新潟県知事選挙で、告示直前に野党統一候補を擁立し、見事に当選させました。そのときの選対本部長が森裕子参院議員でした。

 森参院議員は、参院選で野党統一候補に選出された経緯、選対体制の苦労などをリアルに報告。「野党統一候補が決まれば必ず勝てる」と強調。

 「国民が、主権者の思いが政治を変える! あとは野党の決断だけではないか」と力を込めて訴えました。講演後、森参院議員は参加者の疑問や質問に丁寧に答え、野党共闘は「お互いの立場を尊重することです」と、繰り返し強調しました。

 講演会には、野党4党から、民進党・森田俊和氏、日本共産党・林秀洋(はやし ひでひろ)氏、自由党埼玉県連代表・松崎哲久氏、社民党熊谷総支部の代表が参加し、挨拶しました。

 また12区内の地方議員も参加。加須市から日本共産党と民進党の議員団の議員が参加しました。参加した議員が会場の参加者に紹介されました。私もその一人として紹介されました。
2017/07/09
(右から2人目が森参院議員)
(右から2人目が森参院議員)

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。