日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

正規雇用を! 共謀罪反対! 加須市メーデー

画像

 働くものの連帯で、雇用と生活の安定・向上を! 
加須地区の第62回メーデーが今日(5月1日)、新緑の千方神社境内に労働者と市民が集い、集会とデモ行進が行われました。

 集会はメーデー実行委員長の挨拶で始まりました。
続いて来賓のあいさつに移り、大橋良一市長が挨拶。このあと、日本共産党議員団を代表して私が挨拶。私は、メーデーに参加している同僚の松本英子議員、及川和子議員、佐伯由恵議員を参加者に紹介し、連帯の挨拶を行いました。

 今回は、市議会の会派から、新政会の柿沼秀雄会長、民進党市議団の小林信雄会長が参加し、挨拶しました。また、上田清司埼玉県知事から寄せられた、メーデーの成功を祝すメッセージが紹介されました。

続けて、労働組合の代表が発言。「職場の声」が紹介されました。

◇東武交通労組
 駅職場に所属しているが、心無い人から暴力を受けている。暴力は絶対に許すことはできない。平和の問題など様々な課題があるが、情報を共有し、頑張っていきたい。

◇建交労ダンプ分会
 ダンプ労働者の労務単価が上がっているが、労働者に反映されていない。私たちの取り組みで、過積み積載、改造がないようたたかっていきたい。
画像

◇埼玉土建加須支部
 春の組織拡大月間で、目標の50人を超える110人の仲間を増やしている。建築職人の労務単価が引き上げられているが、それが反映されていない。建築職人は社会保険加入が義務づけられ、法定福利費の別枠支給の運動をすすめてきた。

◇加須市職員組合
 私たちは市民の側に立って、行政サービスを提供するのが仕事。少しでも働きやすい職場になれば、行政サービス向上につながる。

◇出版労連傘下の組合
 出版関連企業の非正規労働者で3月に労働組合をつくり、経営側と団体交渉を行った。有給休暇の取得、賃金は埼玉県の最低賃金(時給845円)に張り付く状況。雇用契約の更新時に継続されない心配があるなか、先月4日に団体交渉を行い、会社側から「労働基準法を遵守する」という回答があった。引き続き頑張りたい。

 集会でメーデースローガンを確認しました。
今年のメーンスローガンは、「働くものの連帯で、権利の拡大、雇用と生活の安定・向上を図り、自由で平和な日本をつくろう」。

 サブスローガンの主な内容は以下のとおり。
 
 ・不払い残業、不当な解雇を許さない
 ・憲法の改悪に反対しよう
 ・戦争法廃止。立憲主義、民主主義を取り戻せ!
 ・市民と野党の共闘で安倍「暴走」政治STOP!
 ・なくせ貧困と格差。大幅賃上げ・底上げで景気回復、地域経済活性化。
 ・いますぐどこでも最賃1,000円に。中小企業支援、公契約条例の実現。
 ・過労死根絶、8時間働いて暮らせる賃金を。
 ・年金・医療・介護など社会保障制度の拡充。消費税10%増税中止。
 ・被災者の生活と生業を支える復興。原発の再稼働反対。原発ゼロの日本。
 ・共謀罪創設反対。辺野古新基地建設反対。オスプレイ全国配備・訓練反対
画像

 集会のあと、参加者はデモ行進。
「共謀罪反対!」、「長時間労働是正!」などのプラカードや「守ろう 憲法9条」など、要求スローガンを掲げたのぼり旗や組合旗を薫風にはためかせてパレード。駅前商店街など、目抜き通りをシュプレヒコールしながら、元気いっぱい行進しました。

 市民に、「貧困と格差をなくそう」、「労働者の賃金を引き上げよう」、「共謀罪は廃案にしよう」、「正規雇用を増やせ」、「戦争法をなくそう」などとシュプレヒコール。沿道の市民に反響を広げました。
2017/05/01

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。