日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

県国保協議会 国保強化推進と研修

(講演する江口隆裕教授)
(講演する江口隆裕教授)

 埼玉県国保協議会と県国保団体連合会が主催し、「国保強化推進大会並びに研修」が今日(8日)、さいたま市内で開催され、加須市で国保運営協議会の会長職の私が、担当課長と一緒に参加しました。

 国民健康保険の加入者は、年金生活者や低所得者が多く、構造的な問題を抱えています。また、2018年度から、埼玉県と市町村が共同で国保を運営する、「国保の広域化」が導入されます。

 そこで、国保財政基盤の充実強化などの運動を決定し、国保をとりまく情勢の理解を深めるため、大会と研修を開催したもの。参加対象は、埼玉県内の国保運営協議会の会長と国保主管課長で、113人が出席しました。


 大会でとりまとめた、埼玉県に対する要望は、仝が市町村国保の安定的運営を図るため、一般会計からの繰り入れに対する財政支援措置を講じられたい。国保の広域化で、現在の保険税よりも大幅に上昇するのではないかと懸念され、急激に国保税が上昇した場合、住民の理解を得られない。保険税が急激に上昇しないよう対策を講じられたい。8が特定健康診査に財政支援を図ること等。

 国に対する陳情は、々餮防蘆干箙腓魄き上げること。子どもに係る均等割保険税の軽減措置を講ずること。国は、子ども医療費助成制度等の現物給付方式に対する負担金や交付金の減額措置を速やかに廃止すること等。

 県や国に対する要望と陳情事項は、県国保協議会の役員が、知事や県議会(各会派含む)、埼玉県選出の国会議員に面会し、申し入れます。

 研修は、神奈川大学法学部教授・筑波大学名誉教授の江口隆裕氏が、「国保改革の意義と課題」について、90分にわたって講演しました。
 2016/11/08

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。