日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

2016年参議院選挙の結果について

(志位和夫委員長・大宮駅前で6月11日)
(志位和夫委員長・大宮駅前で6月11日)


 7月10日投開票で行われた参議院選挙。戦争法(安保法制)廃止、憲法9条を守る、貧困と格差なくせ――日本共産党にご支持を寄せて頂いたみなさんに、心から感謝を申し上げます。

 埼玉選挙区の伊藤岳候補は486,778票(得票率15.8%)を獲得。加須市では前回比で約1・5倍の5,628票に伸ばしました。しかし残念ながら、「勢い広がるも惜敗」(「埼玉」7月11日付)しました。

 今度の参院選で、日本共産党は6議席(比例5・東京選挙区1)を獲得し、改選3に対し、倍増させました。その結果、参議院では非改選とあわせ、14議席に前進しています。

 全国の比例票は601万6千票(得票率10.74%)となり、前回の515万4千票(得票率9.68%)と比較し、86万2千票伸ばしています。加須市の比例得票は、前回比1・3倍を超える5,150票を獲得しました。

 日本共産党は今回の参議院選挙を、全国の1人区32か所で野党統一候補の勝利めざし、取り組みました。その結果、11の1人区で、野党の統一候補が当選しています。前回の当選が2選挙区に比べ、野党共闘が大きな力を発揮しました。

「朝日」の出口調査は、無党派層が野党統一候補に投票したのは、山形で「79%」、沖縄で「71%」にのぼった、と報道しています(同11日付)。

 参議院選挙を通じ、「野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本の政治を変えるうえで、日本共産党の果たすべき役割は、ますます大きくなってきます」。そのことを念頭に、さらに力をつくしてまいります。今後ともよろくしくお願い致します。
2016/07/11

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。