日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

伊藤さん必勝 比例躍進を 志位委員長訴え

(訴える志位和夫委員長。右は梅村さえ子衆院議員)
(訴える志位和夫委員長。右は梅村さえ子衆院議員)

 「埼玉から選挙区の伊藤岳さんを押し上げ、比例を躍進させてください。政治を変え、政府を変えましょう。来る参院選は歴史的な選挙です。がんばりましょう!!」――JR大宮駅西口前で今日(11日)の午後、志位和夫委員長の力強い訴えが響きわたりました。

 駅前は、志位委員長の演説を聞く、大勢の聴衆で埋めつくされました。私も演説に耳を傾けました。


 志位氏は、全国32の1人区全てで、野党共闘が成立したことを報告。これに対し、安倍首相が「野党の野合だ」という批判に反論。「戦争法を廃止し、立憲主義を取り戻す―これは憲法を守る政治を行うことで、国民的な大義のもとで結束」と、安倍首相をきびしく批判しました。

 そして、安倍首相のアベノミクス失敗を告発。「トリクルダウンと言っているが、3年半の間に何か効果があったでしょうか」と問いました。聴衆は「何もな〜い」と返答。

 そこで、日本共産党はどのような政治をめざすのか」と話をすすめ、1つは税金の集め方を変えます。2つ目は、税金の使い方を変えます。3つ目は働き方を変えます―と具体的に説明。特に、「税金を年金、国保料軽減など社会保障、若者、子育てに重点的に使います」と強調しました。
画像

 次に、日本共産党の特徴について、話をすすめました。

「1つは、安倍暴走政治に対決できる足場を持ち、政治を変える志を持つ党、ブレない党です。2つは、共同の力で政治を変える党です。3つは、安倍政権に代わる国民連合政府を提案している党です」と紹介しました。

そして、「歴史的な参議院選挙になります。与党を少数に追い込めば、安倍政権は退陣せざるを得ません。

 そうなれば衆院選挙になり、政権を争う選挙となります」と指摘しました。

 さらに、「野党統一候補の勝利、日本共産党の躍進、埼玉では選挙区の伊藤岳さん勝利、比例の躍進めざしてがんばりましょう。みなさん、政治を変え、政府をつくろうではありませんか」と力を込めて呼びかけました。

 これには、大宮駅西口を埋めつくした大勢の聴衆から、大きな歓声と拍手が沸き起こりました。
2016/06/11

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。