日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

戦争法廃止を 加須地区メーデー

(2列目、右から佐伯・及川・松本の各議員)
(2列目、右から佐伯・及川・松本の各議員)

 戦争法廃止! 消費税10%増税中止を――新緑の千方神社境内で昨日(1日)、市内の労働者や市民が集い、第61回加須地区メーデーが行なわれました。

 メーデースローガンには、◇安保法制(戦争法)廃止、立憲主義・民主主義のたたかいをすすめよう、◇憲法の改悪に反対しよう、◇なくせ貧困と格差、大幅賃上げ・単価引き上げで景気の回復を、◇年金・医療・介護など社会保障の充実、消費税10%増税中止、TPPの国会承認反対、原発ゼロの日本を――などを掲げました。

 参加者は集会をひらき、そのあと駅通り商店街などをパレードしました。メーデーには私はじめ、日本共産党議員団の松本英子議員、及川和子議員、佐伯由恵議員が参加しました。


 集会は、実行委員長の挨拶で開会。そして来賓の大橋良一市長が挨拶。日本共産党を代表して私が挨拶。はじめに同僚議員の松本・及川・佐伯の各議員を紹介しました。また、上田清司知事のメッセージが紹介されました。

 続いて、参加団体が「仲間の声」として、各職場・業界等で要求を掲げてたたかっている内容を報告。そして、集会スローガンを採択しました。

 このあと参加者は、駅通り商店街などをパレードしました。歩きながら参加者は、「戦争法を廃止しよう」、「憲法9条を守れ」、「消費税10%増税ハンターイ」、「原発をゼロにしよう」、「最低賃金を引き上げよう」と元気にシュプレヒコール。市民に反響を広げました。

 パレードのあと、参加者は会場に戻り、商品が当たる抽選会を楽しみました。そして、最後はガンバロー三唱を行なって、閉会しました。


■仲間の声
 メーデー集会で、参加団体の代表が報告した職場の状況とたたかいの内容です。

○東武鉄道労組浅草分会
 ツアーバス事故で犠牲者が出ているが、これは規制緩和の犠牲者といえる。戦争法・憲法改正など、5年〜10年先を考え、安心して暮らせる社会をつくるためがんばりたい。

○建交労埼玉県本部ダンプ北埼支部
 ダンプ業界は高齢化がすすんでいるが、若い人たちが始められる業界をめざしたい。

○埼玉土建加須支部
 。卸遒妨共工事の現場を調査した。平均賃金は14,565円でした。しかし設計労務単価の平均は23,773円であり、約1万円の差がある。公契約の運動をすすめたい。∪鐐菲’兒澆瓩兇掘■運佑100人の署名を集めようと組合員71人が挑戦した。これまで3,300人の署名を集め、国会に提出している。春の組合員拡大の運動に取り組み、目標51人を超過達成している。

○全日本年金者組合
 2013年に年金が引き下げられ、これは憲法第25条の生存権に違反しており、全国で4,000人、埼玉で61人の高齢者が裁判を起こしてたたかっている。3年間で引き下げられた年金額は、厚生年金で約15万円、国民年金は約6万円にのぼる。最低保障年金制度を要求している。

○加須市職
 少子・高齢化で市の仕事が増えている。合併後、職員が100人程度減っている。行政サービスには一定の職員が必要だ。


■私の挨拶要旨

 メーデーは今から130年前、アメリカの労働者が8時間労働を要求してゼネストを行ったことを起源としています。しかし、いまも休日出勤や深夜まで働かせるブラック企業が横行し、130年前と同じ状況です。

 普通の生活をするためには安定した職が必要です。しかし、労働者の4割は派遣・契約社員など非正規労働者です。このためワーキングプアが大きな社会問題となっています。今日の共同通信の世論調査では、安倍内閣によって格差が拡大したと回答している人が約6割にのぼっています。

 2か月後には参議院選挙が行なわれます。戦争法廃止、立憲主義を取り戻す、人間の尊厳を守り、安倍内閣を少数に追い込むため、野党5党首が共同して統一候補を擁立することで合意しています。全国に1人区が32ありますが、そのうち20選挙区で統一候補が決まっています。
画像

 埼玉では、定数3のうち自公が2つ取っています。その一つを日本共産党が獲得し、自公を少数に追い込むため全力をつくします。

 メーデーを契機に、参加されたみなさんの運動がいっそう発展されますように、ともに頑張りましょう。
2016/05/02

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。