日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

人権学習シンポ パネリスト務める

画像

 「埼玉県地域人権運動連合会・NPOさいたま人権ネット」が主催して昨日(13日)、埼玉県人権学習交流会が開催されました。

 そこでシンポジウムが行なわれ、私がパネリストとして、「加須市の同和行政の実態と問題点について」発言・報告しました。

 埼玉県人権学習交流集会は昨日(13日)、白岡市の「はぴす白岡」で開催されました。集会のテーマは、「同対審『答申』50年―いま埼玉の同和行政・同和教育は―」。

 はじめに、部落問題研究所理事の奥山峰夫氏が記念講演。テーマは、「部落問題に関する最近の議論の問題点―同対審『答申』50年にあたって」。

 このあと、同和事業・同和教育の廃止に取り組んでいる、各界の人によるシンポジウムに移りました。これには、主催者の依頼を受け、私がパネリストとして参加しました。

 発言・報告のテーマは、「加須市の同和行政・同和教育の実態と問題点」。私は、テーマにそって30分にわたって、リアルに報告しました。調査によって裏付けした生々しい話に、参加者が驚く場面がしばしば起こりました。私の話に、参加者はメモをとり、熱心に耳を傾けていました。

 報告の後で私は、参加者の質問に答え、交流を深めました。また、参加者から、「未だに乱脈なことが行なわれているのか。とても驚愕した」という、驚きの感想が寄せられました。
(パネラー。右から2人目が私)
(パネラー。右から2人目が私)


 私が発言・報告した項目は以下のとおりです。





加須市の同和行政・同和教育の実態と問題点について


 1.加須市の同和行政について

 2.同和行政・同和教育の現状と実態について

  ァ崙穎臓彙賃里紡个垢詈篏金の乱脈ズサンな実態

 ◆ァ崙穎詑从集会所」学級と同和教育の現状について
  ・加須市の現状と実態
  ・行政と「埼玉県教育集会所連絡協議会」の関係
 
 .「同和」団体の集会等に対する市職員派遣の実態
 
 ぁイ修梁
  ・同和問題相談員の利権
  ・人権保育と「埼玉県人権保育研究会」の関係
  ・「解同」支部と学校および行政の交流事業
  ・行政と「部落解放・人権政策確立要求埼玉県実行委員会」の関係
  
 3.同和行政継続の根源はどこにあるか
  ・「解同」による市町村交渉

 4.同和行政・同和教育の廃止めざして

2016/02/14

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。