日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

医療診断センター 内覧会に出席

(CT・コンピューター断層撮影装置)
(CT・コンピューター断層撮影装置)

 疾病の早期発見、早期治療によって、市民のいのちと健康を守る「医療診断センター」(以下はセンター)について、議員を対象にした内覧会が昨日(25日)行なわれ、私が参加しました。

 この間、市町村合併があり、また市議会議員の改選があったことから、センターの内容と役割について、改めて理解を深めることを目的に実施されたもの。

 センターは、医療機関で個別に設置することが難しい高度医療機器を市が設置し、常勤の放射線科医と医療スタッフが常駐して、かかりつけ医の依頼により、患者の画像診断を行なっています。

 保有している高度医療機器は、MRI(磁気共鳴診断装置、1.5テスラ)、CT(コンピュータ断層撮影装置、64列)、マンモグラフイ(乳房エックス線撮影装置)。運営は加須医師会に委託しています。

 センターの開設は2004年1月。今年が11年目です。
開設にあたっては、準備の早い段階から、私が市議会選出の委員として関与してきました。また、4月の市議会議員の改選時まで、同じく運営委員会の委員として力をつくしてまいりました。

 開設から10年間の検査は累計45,000件を超え、疾病の早期発見・早期治療に貢献しています。2014年度に一般検査・乳がん検診・脳ドックなどの利用件数は4,550件。
(MRI・磁気共鳴診断装置、市HPより)
(MRI・磁気共鳴診断装置、市HPより)

 医師不足の影響を受け、2014年度は放射線科常勤医が不在となり、開設以降、かつてない困難に直面しました。

 この間、非常勤の放射線科医と遠隔画像診断(ネット画像診断)の導入によって、何とか乗り越えてきました。

 それが関係者の努力によって、これまで非常勤で勤務されてきた医師が、今年6月から常勤医として勤務して頂いています。
2015/07/26

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。