日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

加須地域集会 市内をパレード

(党議員団が先頭と2列目で行進)
(党議員団が先頭と2列目で行進)

 くらし・いのちを守ろう―市民各層から、自分たちの要求を持ち寄って、千方神社境内(中央2丁目)で一昨日(20日)夜、「2・20加須地域集会」が開催されました。主催は、「2・20加須地域実行委員会」。

 とても寒い夜にも関わらず、会場の神社境内には、仕事帰りの労働者、子ども連れの家族など、大勢の市民が集まりました。

 これには、市議会から審議を終えたばかりの日本共産党議員団=私・松本英子議員・及川和子議員・佐伯由恵議員の4人が駆けつけ、参加者を激励しました。

 集会は午後7時に開会。
はじめに、主催団体の実行委員長が、「今夜は、県内各地で同じように集会がひらかれています。自分たちの要求・願いを実現するため、がんばりましょう」と呼びかけました。

 続いて、集会の実行委員会に入っている日本共産党を代表し、議員団長の私が挨拶。
「社会保障のためといって、消費税8%増税しながら、年金は引き下げ、医療は患者負担を増やし、介護保険の負担増など、社会保障は軒並み改悪されている。黙っていれば、くらしと福祉は悪くなるばかりです。いっしょに、力あわせがんばりましょう」と参加者を激励しました。
(挨拶する私と議員団)
(挨拶する私と議員団)

 集会後、参加者は加須駅前通りなど、目抜き通りをデモ行進しました。

 参加者は、パレードしながら、「賃金を上げろ!・正規雇用を増やせ・国保税引き下げろ!・医師と看護師を増やせ・原発の再稼働ハンターイ!・憲法9条を守ろう」などと、寒さを吹き飛ばし、元気にシュプレヒコール。

パレード参加者は、要求ステッカーと団体・組合旗を高く掲げ、市民と勤め帰りのサラリーマンに訴え、反響を広げました。
2015/02/22

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。