日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

節分 福はうち!

画像

 今日、2月3日は節分。私は、不動岡總願寺の「節分会」に行ってきました。

 当地では、赤鬼が真っ赤に燃えた大きな松明を持って現れ、一年の邪気を払い新年を迎える行事=「お不動様の豆まき」で親しまれています。

 今日(3日)は、昨日まで北風が強かった日とはちがい、終日、穏やかな天候にめぐまれました。

 「節分会」日和りとなった總願寺の境内は、無病息災、家内安全、五穀豊穣を願って、大勢の善男善女で賑わいました。

 住職たちによる読経が終わると、半鐘の音を合図に、赤鬼が長さ3メートル、重さ25キログラムの真っ赤に燃えた松明を持って現れ、本堂の回廊を駆け巡りました。そのたびに、参加者から大きな歓声があがりました。
画像

 節分は、冬から春に、季節を分ける日です。
昔は、立春が一年の始まり、新年と考えられていました。そうなれば節分は、大晦日となります。

 平安時代の宮中では、邪気を払って、新年を迎える行事が行なわれていたそうです。

 それが室町時代には、豆をまいて邪鬼を払う行事となり、民間に定着していった、といわれています。なお、豆まきは、中国の風習が伝わったそうです。

 不動岡總願寺の「鬼追い豆まき式」は、350年前から続いている、珍しい行事です。今年は、NHKの取材スタッフが撮影に来ていました。私は偶然、その側で撮影していました。それが掲載している写真です。

 なおNHKは、夜の「首都圏ニュース845」で、加須市不動尊の「鬼追い豆まき式」を放映していました。
2015/02/03

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。