日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

「生健会」総会であいさつ

(パストラルで今月14日)
(パストラルで今月14日)

 「加須市生活と健康を守る会」は今日(21日)、第5回定期総会を市民プラザで開催しました。

 案内をいただき、私が参加しました。

 「生活と健康を守る会」(以下は生健会)は、誰もが人間らしく暮らせる社会にするため、運動をすすめている団体です。定期的に「なんでも相談会」を開催し、住民から寄せられる各種の相談に対応しています。

 開会にあたり私が挨拶し、参加者を激励しました。
私は、貧困と格差が拡大する社会のもとで、加須市の納税者の4割が、一生懸命に働いても普通の暮らしができない年収200万円以下の暮らしを余儀なくされている実態を説明。

 こうしたなかで、生活保護受給者が今年3月末で779世帯・1,102人にのぼり、2013年度に142世帯・204人が新たに受給している事実を紹介。

 さらに、派遣労働など非正規雇用によって、子育て世代の格差が拡大している事実を指摘。このため、生活保護基準の1.3倍の収入に適用される就学援助の受給者が、子ども7人のうち1人にのぼっていることを説明。

 また、世帯の4割が加入している国民健康保険加入者の1世帯当たり平均所得が116万円で、生活保護基準以下の水準であることを紹介。暮らしを守る取り組みの重要性を述べ、参加者を激励しました。

 総会は、新年度の運動方針と予算を参加者全員で採択。役員を選出し、新たな活動を開始しました。
2014/12/21

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。