日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

市政の話し合い 私が挨拶

(不動岡公園で10日)
(不動岡公園で10日)

 加須市は毎年、市長を先頭に幹部職員が、小学校区を対象にした地域を訪ね、住民から意見・要望を伺い、それを市政に反映させています。

 昨日(15日)の午後、私が住んでいる加須地区の住民を対象に、市民プラザで「市政についての話し合い」が行なわれました。今年のテーマは、「望ましい加須市の未来について」。

 「話し合い」には、市長、副市長、教育長とすべての部長が出席し、住民の質問や意見に答えます。市議会の質問は、議員から事前に通告があり、どのような質問なのか、わかります。

 しかし、「話し合い」は違います。住民からどのような質問がでるのか、まったくわかりません。ですから、市幹部職員には多分、相当な緊張感があると思います。

 話し合いには、地元議員に案内があり、私はじめ地元議員4人が出席しました。紹介のあと、私が議員を代表し、あいさつしました。

 私は、「市長を先頭に幹部職員が地域に出かけ、市政の主権者である住民の意見を聞いて、それを市政とまちづくりに生かすことは、地方自治の原点です。実りある話し合いになることを望みます」と挨拶。

 続いて、「この機会に市議会のことをひと言申し上げます」と前置きし、政治倫理条例違反の議員について再三、新聞で報道されていることについて、話しました。その要旨は以下のとおり。

 市議会には、市民の代表として議員が守るべき政治倫理条例があります。
画像

 これは市民の疑惑をもたれないように、議員の2親等以内の親族が経営する企業は、市の公共事業を請負ってはならないと、辞退を定めています。これに違反した議員がいる―これが今回の問題です。

 この件に関し、市民からきびしいご批判を頂いています。合併前の加須市議会は、こうした問題は10年近く前、すでに解決済みの問題です。しかし、合併後、他地域の議員に認識の違いがあって、今回の問題となったものです。

 市議会は政治倫理審査会で調査を行なっており、一昨日は、疑惑を指摘されている議員3人を呼んで、事情聴取を行なっています。市議会として、違反した人にはきちんとけじめをつけていきます。また調査がすべて終われば、調査結果を市民に公表します。

 議員が清潔で公正な職務を行なうよう、市議会としてその役割を果たしてまいります。

 「話し合い」のなかで、政治倫理条例違反について、住民から法的根拠について質問があり、これには来賓ではありましたが、市議会の当時者である私が、説明の任にあたりました。
画像

 結果的に、市議会の不祥事が、市長部局などに迷惑をかけている状況です。極めて遺憾なことです。

 会場では、住民9人から、市民参加のまちづくり、ごみ処理、市職員の対応、道路補修などについて、質問や意見が出され、市長はじめ担当部長が説明にあたりました。
2014/11/16

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。