日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

国保運営協議会 質疑を30分余

画像
 国民健康保険運営協議会が9日、市役所でひらかれました。議題は、2012年度国民健康保険事業特別会計決算、2012年度国民健康保険直営診療所会計決算、9駝鰻鮃保険税条例の改正―以上、3件です。

 私が、国保事業について30分余り質疑しました。その要旨は、「議会だより」に関連記事を4本掲載しています。そちらをご覧ください。


◆2012年度国民健康保険事業特別会計決算
 市民のいのちと健康を守る国民健康保険事業の2012年度決算は以下のとおり。

 ・国民健康保険税など歳入決算額 132億8,335万円
 ・医療費の支払いなど歳出決算額 122億5,879万円
 
 *歳入から歳出を差し引いた繰越財源は10億2,456万円です。繰越財源が10億円を超えていますが、医療費の伸びが当初の見込みより少なかった等によります。

 国保加入者の1世帯平均所得は116万5,283円。これは、1か月当たり9万7,106円に過ぎません。これに対し、国保税の平均は、1世帯当たり15万8,405円、1人当たり8万5,377円にのぼり、収入のおおむね1・5カ月分に相当します。

 このため、高すぎる国保税に加入者は悲鳴を上げています。加入者6世帯のうち1世帯が払えないでいます。 

 加須市は、高すぎる国保税を軽減するため、一般会計から国保事業に8億6,861万円を繰り入れています。これは、加入者1人当たり、2万6,034円の負担軽減に相当します。さらなる軽減策が求められています。


◆2012年度国民健康保険直営診療所会計決算
 直営診療所は、北川辺地域住民のいのちと健康を守るために、医師と医療スタッフが常駐する公立の診療施設です。患者さんは、1日平均47人、同じく往診5人です。2012年度の決算は、以下のとおり。
(北川辺国保直営診療所)
(北川辺国保直営診療所)

 ・診療収入など歳入決算          1億4,087万円
 ・人件費、医療機器・薬剤等の歳出決算 1億2,250万円

  *歳入から歳出を差し引いた繰越金  1,836万円


 ◆国民健康保険税条例の改正
 地方税法の一部改正にともなう改正。東日本大震災によって滅失した居住用土地を譲渡したとき、所得額から特別控除して国保税の所得割を算出する。加須市に該当者はいない。
2013/08/14

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。