日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

はしご車で40綻絛に昇る

画像
 今年の最後となる12月市議会が、今日(12日)、最終日の本会議をひらき、全議案の審議を終えたことから、会期16日間を終了し、閉会しました。

 本会議の終了後、市役所内で、加須市消防本部の新しい40探蕕呂靴管嫋男票動車の交付式が開催され、議員が参列しました。

 現行のはしご付消防自動車は、1993年1月に配備され、19年が経過し、老朽化が著しいことから、今年度に更新を図り、このほど完成して配備されたものです。

 新はしご車は、火災など災害が発生したとき、住民の生命と財産を守るため、花崎北地域の14階建てマンション群など、高所に迅速かつ安全に対応できる、性能を有しています。

価格は2億107万円。財源のうち約8割は、市内に進出した企業の寄付によって賄われています。

 交付式のあとで、市役所敷地で新はしご付消防自動車が披露されました。

私は、はしご付消防自動車に試乗し、40探蕕旅發気鯊慮海靴泙靴拭消防隊員の手助けによって、ヘルメットと命綱を着用し、消防隊員が操作する、3人乗りのバスケットに試乗。

(上空40辰侶平А市役所東方)
(上空40辰侶平А市役所東方)
 上空では7辰遼棉が吹いていました。はしご車は、市役所の東方向に音もなく、するすると一気に40綻絛にのぼっていきます。風速7辰良が吹いても、はしご車の先端、私たちが乗った、バスケットはまったく揺れません。

 40綻絛からは、遠くに東京スカイツリーがよく見えます。その南には、さいたま新都心のビル群が望めます。東には筑波山、北には男体山はじめ真っ白な日光連山、そして西には雪を被った浅間山が見えます。

(左から私、及川議員、松本議員)
(左から私、及川議員、松本議員)
 さすがに、降りるときは寒風のため少し揺れました。それにしても、高さ40辰離丱好吋奪箸里覆で、消火活動を行い、さらに高所から人命の救助を行う消防隊員。

その任務の遂行は、常日頃のきびしい訓練によるものです。改めて、心から敬意を表する次第です。

 私は、旧式のはしご付消防自動車にも試乗していますが、久しぶりに貴重な体験を得ました。
2012/12/12

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。