日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

加須小 学習発表を参観

画像
 私が住んでいる通学区域の市立加須小学校で昨日(27日)、学習発表会がありました。案内を頂いたので、私が参観しました。

 学習発表会に先立ち、「学校応援団の皆様への感謝のつどい」が開催されました。

学校応援団とは、○児童の登下校の際、通学路の要所に立って児童の安全を守る、○校内で授業を支援する学校推進員、○各自の特技を生かし、学校を応援する多様な推進員など。

こうした学校応援団の人たちが、地域ぐるみで、加須小学校を支えています。実は、私も学校応援団のひとりです。

「感謝の集い」では、応援団の人たちが、低学年児童と手をつないで、会場のアリーナに児童がつくるアーチをくぐって入場。児童の代表が感謝の作文を朗読。さらに児童から応援団全員に贈物が手渡されました。児童が主催して進行した集会は、とても心温まる催しとなりました。

 その後、学習発表会を参観しました。
私は、各教室をまわって、児童から、学んだ内容について、説明を聞きました。どこの教室でも児童が、自分たちで調べた内容について、一生懸命に説明していました。私は、その姿をみて、児童が成長している軌跡を、しっかり確認できました。

 発表のテーマは、「あきとあそぼう」(1年生)、「見て聞いて学んで」(2年生)、「新発見!わくわくきらきら加須のまち」(3年生)、「心の輪を広げよう」(4年生)、「瑞穂の国・ニッポン」(5年)。

6年生は、「世界の国と手をつなごう」をテーマに出前発表です。出前発表とは、教室を出て、校内で会った大人に、研究の内容を発表することです。私も廊下などで、6年生から、「時間大丈夫ですか」と声をかけられ、研究の内容を聞いてきました。

学習発表会の目標は、「伝えよう学びを 伝えよう地域に、みんなでつくる学習発表会」。私は児童の説明を聞いてまわり、この目標はしっかり達成されている、と感じました。
(2012/10/28)

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。