日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

総合防災訓練に参加

(バケツリレーによる初期消火訓練)
(バケツリレーによる初期消火訓練)

 今日、9月1日は「防災の日」。加須市は、朝から市立北川辺西小学校を会場に、総合防災訓練が行われました。

 これには、地域住民、市立北川辺中学校生徒はじめ、市役所職員、加須市消防本部、加須市消防団など22団体、400人を超える市民が参加。

 参加者は、各種の訓練を機敏に、そして熱心に取り組んでいました。

 訓練の開始にあたって、参加者は全員で、昨年の3・11東日本大震災による地震と津波被害で犠牲になられた方々に黙とう。それから訓練を始めました。

今年の訓練は、つよい地震が発生して、市内に多くの被害が発生したことを想定して実施。防災体制の迅速化、災害の教訓から災害時要援護者などによる訓練なども行い、災害による被害の軽減、被災者の救援などを目的に行われました。

 地域住民による避難訓練、消防団の非常招集訓練、高齢者や障がい者など避難・誘導・応急救護の訓練。さらに、住民による消化器・濡れ布による初期消火訓練、中学生による頭部外傷三角巾による応急措置の訓練が行われ、それぞれ真剣に訓練を受けていました。また、消防団による中継送水による警戒消火活動なども行われました。
(消火器による初期消火訓練)
(消火器による初期消火訓練)

 正午前、訓練が終わりました。参加者には、赤十字奉仕団、中学生、市職員による、非常食料炊き出し訓練でつくった、「ライスカレー」が振る舞われました。

 私は、ライスカレーをご馳走になって、会場を後にしました。

 訓練が終わったら、ちょうど、にわか雨が降ってきました。雨が降るのは、お盆のときに振った、にわか雨以来。実に半月ぶりでしょうか。しかし、雨は、まもなく止んでしまいました。

 加須市は、防災体制の迅速化、市民の防災意識の高揚をはかり、被害の軽減、被災者救援を迅速に行えるように、3種類の防災訓練を行っています。

今日は、_耽椹圓全体で行う総合防災訓練でした。この他に、⊂学校を単位として実施する実践的な防災訓練、さらに、居住地域の範囲を狭くした自主防災組織による防災訓練―以上、毎年3つの形態で実施しています。


 この数年来、私は、市が主催する総合防災訓練に、出席できませんでした。それは、この時期に父親が亡くなったこと。その後、父の命日に、法要が続いたことによります。ですから今年は、まる4年ぶりに、総合防災訓練に参加です。

 参加されたみなさん、大変お疲れさまでした(2012/09/01)。

(加須市消防団・油火災の中継送水による消火訓練)
(加須市消防団・油火災の中継送水による消火訓練)

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。