日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
活動レポート
<< 戻る

経済政策で懇談 その1

(収穫間近の北川辺コシヒカリ/16日撮影)
(収穫間近の北川辺コシヒカリ/16日撮影)
 デフレ経済のもとで、地域経済の疲弊・不況が続いています。

 「地域経済の活性化、公契約条例の制定を」―建設労働者が今月10日、市民プラザで加須市担当課と懇談。市民のくらしを応援する対策を提案し、実現を求めました。これには、私が同席しました。






 市民のくらしを応援する地域経済対策を求め、市の担当課と懇談したのは、建設職人・労働者でつくっている埼玉土建一般労働組合加須支部(野本勉支部長・組合員1,340人)。市からは、総合政策部、経済部、建設部の担当課長が出席し、対応しました。

 懇談のなかで、建設労働者は、長期にわたって地域経済の疲弊が続くなかで、「市民や建設職人にとって深刻な事態に陥って」いる窮状を訴え。

 さらに、「建設職人の1日平均賃金は8千円まで下がり、最近では7千円に満たない状況もあり、特に公共工事での賃金は、民間工事より低く抑えられている」実情を指摘。市民の暮らしを応援する、経済政策を提案し、実現を求めました。

地域経済の活性化を求め、懇談した項目は以下の内容です。

 ‐規模契約登録制度の拡充
 ⊇斬陬螢侫ーム助成制度の拡充
 L畋そ斬霏竸眠修等の補助制度の改善
 じ契約条例の制定
 テ札制度の見直し
 Ψ設業退職金制度の証紙貼付の徹底
 Ю度融資の拡充
 地域経済活性化の推進
     ―以上の8項目。

 懇談には、日本共産党議員団の4名の議員―私、松本英子議員、及川和子議員、佐伯由恵議員が同席しました(2012/08/18)。

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。