日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

市議会改革 パブコメ実施へ

(銀杏・總願寺で2日)
(銀杏・總願寺で2日)
 
 市議会は今日(8日)、議会改革特別委員会(改革委)をひらき、市議会基本条例素案に対する、公聴会での公述人の意見に対し、市議会の見解をまとめました。そして、条例案について、市民の意見を聞くため、パブリックコメントの実施を決めました。


 開会中の市議会は、今日の日程は休会でした。その合間を縫って、改革委(委員は10人)をひらいたもの。私が委員長職を務め、同僚の佐伯由恵議員が委員です。

 先ずは、公聴会(11月17日に実施)で公述人が公述した専門的で、市民の立場からの貴重なご意見。その後に行った、平成国際大学の浅野和生・法学部教授が、専門的な立場から「市議会の改革に対する助言」のミニ講演について、全委員が感想や意見を述べ、自由討論を行って市議会改革の課題などについて討議し、委員間における認識の共有に努めました。

 委員の間から、「(市議選の)投票率が低く、(市民が議員に対し)もっとしっかりしてくれ、ということを痛感した」、「(市議選の)投票率を見ても(市議会に対し)非常に関心が低い。議員がしっかり勉強して議員の質、自覚の向上を市民に評価して頂かなければ」等々、反省と課題について発言がありました。
画像

 公聴会で公述人から、市議会基本条例素案に対し、11項目の意見がありました。改革委は、公述人の意見について仔細に検討し、加須市議会の見解をとりまとめ、市民に公表することを決めました。

 また、公述人の意見を踏まえ、基本条例素案の内容について、一部修正を加え、「加須市議会基本条例案」を確定しました。

 市議会は、この条例案に対して、市民の意見を聞くため、年明け早々から1か月にわたって、パブリックコメントを実施します。

◇意見の募集期間は、2018年1月4日から2月5日まで。
◇市民に対するお知らせは、市報12月15日付に関連記事を掲載、市議会ホームページに掲載、市役所など公共施設14か所に案内チラシ(応募用紙含む)を準備します。
 ご協力、よろしくお願い致します。
2017/12/08

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。