日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

高齢者相談センター もっと周知を

(夜明け前の川霧・松永新田の中川で2日)
(夜明け前の川霧・松永新田の中川で2日)

 地域で高齢者の暮らしを支える、「高齢者相談センター」の存在が、市民の間で殆ど知られていません。様々な機会をとらえ、もっと周知を――開会中の市議会(11月30日・本会議)で私が質疑を行って提案しました。以下は、その要旨です。

画像

 「高齢者相談センター」は、その地域で暮らしている高齢者の人たちを、介護・福祉・健康・医療などさまざまな面から総合的に支え、高齢者の人たちが安心して住み続けられるように支援し、地域の拠点となる施設です。

 しかし、高齢者相談センターの存在がほとんど知られていません。

 市が、2016年度に実施した「高齢者生活実態調査」では、高齢者でも「まったく知らない」人が42%にのぼります。現役世代に至っては、「全く知らない人」が60%にのぼります。「聞いたことがある」人は20.5%に過ぎません。

 いま、介護のために職場を去る、介護離職が毎年10万人を超えています。介護は、決して高齢者だけの問題ではなく、実は現役世代に係わる内容です。
画像

 そのためには、高齢者は勿論のこと、現役世代にも「高齢者相談センター」の認知度を上げていくことが必要――私は、このように質疑しました。。

 大橋良一市長は、「(介護は)いずれ関わる可能性が高いわけですから、高齢者相談センター以外に介護保険制度を含めて、高齢者支援については、市民の皆様方に年齢に関係なく、若い人にも理解頂けるような手立てを取っていく必要がある」と答えました。
2017/12/05

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。