日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

基本条例素案 公聴会で貴重な意見が

(公聴会の冒頭、私が市議会改革と議会基本条例素案の趣旨を説明)
(公聴会の冒頭、私が市議会改革と議会基本条例素案の趣旨を説明)

 市議会・議会改革特別委員会は今日(17日)、「市民プラザかぞ」で「議会基本条例素案に関する公聴会」を開催しました。

 公聴会では、市民各層から選出された4人の公述人が、議会基本条例素案について公述しました。これには、自治会の会長さんなど、多数の市民が傍聴においで頂きました。公聴会の進行と司会は、特別委の委員長を務めている私が行いました。



 私は冒頭の挨拶で、「市議会は市民の皆様と市議会の間の距離を縮め、市民との連携・協働を推進し、市民に開かれた市議会の運営を目指し、市議会改革特別委員会を設置して1年8か月にわたって、市議会改革に取り組んでおります」と紹介。

「当面、議会運営と議員活動の原則、市民との連携・協働の推進などの内容を定め、市議会の最高規範となる加須市議会基本条例の制定に向けて協議を行ってまいりました」と経過を説明しました。

 その前段として、市民の全世帯に「議会改革に関するアンケート」を配付し、その回答結果を真剣に受け止めて、市議会基本条例素案を取りまとめことを報告。素案の概要について説明しました。

※条例素案の内容は、前文と33の条文で構成しています

 ◇前文――加須市の特色と市議会改革に取り組む市議会の決意を著す。
 ◇第1章――条例制定の目的、語句の定義、議会力・議員力を高めるなど基本理念を規定。
 ◇第2章――「議会運営と議員活動の原則」――3か条
 ◇第3章――「市民との連携・協働の推進」――7か条
 ◇第4章――「議員の政策立案機能の強化」――9か条
 ◇第5章――「議会と市長等との関係」――6か条
 ◇第6章――「議員定数と報酬」――2か条
 ◇第7章――市議選後に議員が条例を研修する、最高規範性など3か条を規定。

 公聴会では、4人の公述人が議会基本条例素案について公述しました。なお、発言の時間は1人当たり10分以内と致しました。

 現役世代の阿部仁氏は、「基本条例をつくったあとで、現行の条例をどうするのか」と公述しました。

 瀧澤八重子氏は、「条例素案はよくできている」と評価。そのうえで、「これを市民が見る機会をどうするのか」、条例に引用されている法律や条例について「条例の最後に引用条文をつけてもらうと理解しやすい」と公述。さらに、「市民に公表する方法を考えてもらいたい」、「条例の内容をどのように評価するのか」などと公述しました。

 行政経験者の熊倉敏雄氏は、条例素案について「先ずは意義深いことである」と評価。第3章の「市民との連携・協働の推進」について、「市民フアーストの理念が伺える」と指摘し、「政務活動費の透明化が伺える」、「質問の一問一答方式で傍聴者に分かり易いものとなる」と公述しました。最後に、「条例の具現化を目指して頂きたい。条例の策定が目的ではない」と結びました。

 浅野和生・平成国際大学法学部教授は、専門的な立場から条例素案について、「密度の濃い議論を行ってきていることがわかる」と評価しました。

そのうえで、具体的な条文を示し、語句や解釈について具体的な指摘がありました。条例の最高規範性に関し、「今後のことが問題になっているが、既存の条例等の見直しが必要である」と問題を提起。条文の内容について、「具体的に数値を示してはどうか。例えば、議会報告の開催など、数値を示して分かる内容にしてほしい」などと公述しました。


 公述が終了し、浅野和生教授から、専門的な立場で「市議会の改革に対する助言」についてミニ講演を行って頂きました。

 浅野教授は冒頭、「市議会に対する市民の関心の薄さをどのように感じているのか」と鋭く問い、加須市議選で投票率が48%(2014年)と50%を割り、10年間で10%も大幅に下回っている事実を指摘。市議会が危機意識をもって、議会改革に取り組む必要性を強調しました。

画像

 公聴会の終わりに私は、「公述人の皆様から頂きましたご意見については、議会改革特別委に持ち帰らせて頂き、意見に対する市議会の見解をまとめ、公表を致します。

今後の議会基本条例づくりに反映させて頂きます」と答えました。

 さらに、「加須市議会では、来年の年明け、1月から1か月間、市民の皆様からご意見を頂くパブリックコメントを実施し、議会基本条例素案に関して市民の皆様から幅広くご意見を頂く予定です」と説明しました.

 パブリックコメントの詳細は、「市報かぞ」12月15日号・市議会ホームページに掲載します。

 議員や傍聴者の間から、「とても勉強になった」という声が寄せられました。
加須市議会で、公聴会を実施するのは、市議会史上、初めての出来事です。公述人の皆様、傍聴者の皆様、誠にありがとうございました。大変、お世話になりました。
2017/11/17

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。