日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

学童保育待機114人 解消を提案

(コスモス・はなさき公園で19日)
(コスモス・はなさき公園で19日)

 公立学童保育の待機者が114人(9月1日現在)にのぼっています。
私は、開会中の市議会・14日の本会議で、学童保育の待機者を解消するため、具体的な提案を行って、速やかに待機者の解消を求めました。



 学童保育は、児童福祉法や子ども・子育て支援法に基づき、加須市の「地域子ども・子育て支援事業に位置付けて実施しています。学童保育は、_板蹐梁綢悗┻’修任△襦↓∧課後の学習の場である、子どもの遊びと文化活動の居場所である――3つの重要な役割を担っています。
画像

 いま公立学童保育は、申込者数1,057人に対し、利用人数は943人。待機児童が依然として114人にのぼっています。

 その原因は、第1は指導員の不足です。
指導員が30人不足し、これによる待機児童は76人(8月1日現在)にのぼります。指導員不足の内訳は、不動岡小・花崎北小・水深小・元和小が各5人。三俣小3人、礼羽小・大桑小・志多見小が各2人、加須南小1人。

 原因の第2は、学童保育の実施施設が不足していることです。
その内訳は、不動岡小と水深小の2か所です。

 塩原由紀雄・こども局長は、施設を確保するため、不動岡小は「近隣公共施設を利用することで現在関係部署と調整を行っている」。水深小は「学校内の施設の利用について関係部署と調整を行い、施設の確保に努めてまいります」と答えました。

 私は、待機児童を解消するため、市長に対し、〇愼外の賃金を引き上げ、処遇を改善する、∋楡澆牢存施設を活用する。施設がなければ予算措置を行って学童室を設置する――2項目を求めました。

 大橋良一市長は、指導員の確保について、「処遇改善も必要であります」と答弁し、「さらに工夫を重ねていくことが必要だ」と答えました。施設の確保について、教育委員会とこども局が「一体感をもって施設の解消について取り組んでいくことができる」「近いうちに解消が図れる、図らなければならない」と答えました。
2017/09/29

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。