日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

北朝鮮の核実験 強く抗議!!

(曼珠沙華・諏訪神社で16日)
(曼珠沙華・諏訪神社で16日)

 加須市は核兵器の廃絶を強く求め、平和都市を宣言しています。
私は14日の本会議で、「北朝鮮の核実験の暴挙に対し、憤りをもって糾弾し、強く抗議する!」と発言しました。これに対し、大橋良一市長は、「許しがたい行為であり、非常に憂慮している」と答弁しました。



 私は、14日の本会議で、「平和都市宣言と核兵器禁止条約について」質問しました。
そのなかで私は、北朝鮮の核実験を糾弾し、強く抗議しました。その部分の質問は次のとおり。


 加須市は平和都市を宣言し、「私たちは、世界唯一の核被爆国として、全世界の人々に核兵器等の廃絶を強く求め、戦争や紛争などが繰り返されることのないよう、平和の尊さを訴え続けます」と、加須市の内外に宣言しています。

 ところが、北朝鮮が今月3日、6回目の核実験を強行しています。さらに、大陸間弾道ミサイル・ICBMを、今年だけで13回も発射し、世界と地域の平和と安定を脅かしています。

 私は、核兵器廃絶と戦争のない社会を訴え、平和都市を宣言している加須市の議員として、北朝鮮の核実験の暴挙に対し、満身の憤りをもって糾弾し、強く抗議するものです。

 おりしも国連本部で去る7月7日、国連加盟国の63%にあたる122か国が賛成し、人類史上初めて核兵器禁止条約を採択しました。
画像

 条約は、核兵器の開発、製造、運搬、移動を禁止し、核による威嚇も禁止し、核兵器の完全廃絶に向けた枠組みを明記しており、歴史的な核兵器禁止条約となっています。

 これによって、北朝鮮の核開発と核実験は、明白に国際法違反となり、悪の烙印が押されるものです。

 
 これに対し、大橋市長は、「北朝鮮の動向については、許しがたい行為であり、非常に憂慮している。市民を守る対応について、危機管理をきちんと努めたい」と答弁しました。
2017/09/16

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。