日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

入学準備金 入学式前に支給へ

(秋の七草=オミナエシ・はなさき公園で3日)
(秋の七草=オミナエシ・はなさき公園で3日)

 教育委員会は来年度から、就学援助の入学準備金について、入学式前に支給する予算措置を講じ、9月市議会に大橋良一市長が補正予算を提出。市議会で審議を行っています。



 教育委員会(以下は市教委)は就学援助の入学準備金について、来年度から入学式前に支給するため、9月市議会に提出した補正予算のなかに、必要な経費を予算化しています。

 小・中学校に入学する新入生の保護者は、入学式前にランドセルや洋服、カバンや制服、ジャージや上履きなどを準備しなければならず、一時的に多額の出費が必要です。なかには、そのために借金し、メデアは毎年、「制服を準備できなかった」ため、入学式を欠席した事例などを報道しています。
(秋の七草=ハギ)
(秋の七草=ハギ)

 小・中学校の義務教育は、「これを無償とする」(憲法第26条第2項)…これが大原則です。

 この原則に基づいて市教委は、小・中学生の保護者が経済的に大変な家庭に対し、子どもの学用品や学校給食費などを援助・支給しています。

 この措置は、学校教育法によって、「経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては,市町村は,必要な援助を与えなければならない」(第19条)と定められ、市教委の義務となっています。

 これまで市教委は、就学援助の入学準備金について、入学式が終わって4か月も過ぎた8月に支給していました。これに対して私は、数年前から市議会で、貧困と格差が子育て世代に影響を及ぼし、子どもの貧困が7人のうち1人(2015年度厚労省調査)にのぼっている事実を強調。入学式前に入学準備金を支給するよう、具体的に繰り返し求めてきました。

 来年度から入学式前に支給される、◇入学準備金は、小学生4万600円、中学生4万7千400円。◇支給の時期は、小学生は3月上旬、中学生は2月上旬を予定しています。◇適用の基準は、小学生は保護者の前々年度の所得(来年度の場合は2015年度の所得)。中学生は、就学援助を受けている小学校6年生が対象なので、申請手続きは不要です。◇子どもの対象者数は、小学生115人、中学生116人。
画像

 私は8日、本会議で議案に対する質疑を行いました。その際、就学援助の改善について以下のように発言しました。


 
 貧困と格差が拡大する下で、その影響が子育て世代を直撃しています。

 私は、未来を担う子どもたちを健やかに育むために、就学援助の入学準備金を入学式前に支給するよう、この数年来、繰り返し、具体的に提案を行ってきました。

 こうしたもとで、来年度に入学する小・中学校の新入生に対し、入学式前に入学準備金を支給する予算措置を講じたことについて、私は歓迎するものです。
2017/09/10

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。