日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

基本条例素案 より豊かな内容に

(ヒマワリ・下樋遣川で7月31日)
(ヒマワリ・下樋遣川で7月31日)

 市議会は今日(9日)、第13回議会改革特別委員会をひらき、市議会基本条例素案(以下は条例素案)について協議を行いました。今回も委員間の自由討議によって議事をすすめ、終始、委員が協議に集中し、真剣で内容が濃密な協議となりました。

 私は委員会の開会で先ず、次のように挨拶しました。
「今日・9日は、長崎に原爆が投下されて72年目の日です。加須市は核兵器の廃絶を訴える平和都市を宣言しております。「市報かぞ」7月号には、去る6日の広島被爆、今日の長崎被爆、さらに終戦の15日に、「平和を祈り、1分間の黙とうを」と市民に呼び掛けております。今の時期は改めて、核兵器の廃絶、平和への思いを強くする次第です」。

 そして、市議会基本条例制定に向けた協議について私は、「市議会改革特別委員会の協議は、今日で13回目となります。本委員会の当面の目標=ミッションとしては、市議会の最高規範となる市議会基本条例の制定をめざし、協議をすすめております。

この間、委員各位のご協力によりまして、委員会において協議をすすめるたびに、基本条例のイメージ及び全体像が明確になり、その内容が豊かになってきております。

委員会は協議を開始するにあたって、あらかじめロードマップ=工程表を決めて取り組んできております。これまで、委員会における協議の状況をみると、ほぼ工程表のとおりに協議が進行しております。これからも工程表にそって協議をすすめてまいりますので、よろしくお願い致します」。

 市議会基本条例素案について私は、前回から4点にわたって、修正を加えている内容について説明しました。

 セ垉腸餞靄楙鯲磴蓮∋垉腸颪虜嚢盖範であり、市議会例規を見直し、市議会の定例会の回数を定めている「市議会定例会条例」と、その時期を定めている「市議会定例会規則」を、条例素案に組み込み、1条を追加している。
画像

◆ジ躄鬚鮴犬犬襪それがある条文の項を一つ削除している。

.市議会モニター制度、災害時における市議会の対応(市議会版BCP)は、条例制定時に実施し、計画を策定することをふまえ、2つの条文の表現を適正に修正している。

ぁゾ鯲秡念討料澗里鮨籀福Χ稾し、条文の字句を正確・適正に修正している。

  ――この結果、条例素案は、前文と33の条文によって構成しています。

 条例素案をどのように解釈するのか。
条文ごとに解釈を著した「逐条解説」のイメージも示しました。委員会は、今月23日に第14回委員会をひらき、さらに協議を行って、条例素案を確定する予定です。

今後の協議日程について

 委員会は、今後の協議日程等について、以下のように決定しました。

◇市議会市民公開研修講座:8月22日(火) 午後1時30分 市議会全員協議会室
  ・研修テーマ:「地方自治法70周年と地方議会の課題について」
  ・講師:浅野和生・平成国際大学法学部教授

◇第14回議会改革特別委員会:8月23日(水) 午前9時30分 第1委員会室

◇議員全員協議会:8月29日(火) 全議員に条例素案を報告

◇公述人の意見を伺う公聴会:11月17日(金) 午後2時 会場は未定
2017/08/09

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。