日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

条例要綱 執行機関と事前協議

(アジサイ・旧河野邸で3日)
(アジサイ・旧河野邸で3日)

 市議会は一昨日(2日)、市議会改革特別委員会の代表が執行機関(以下は市長等)の担当職員と、改革委がまとめた市議会基本条例の要綱(以下は条例要綱)に関し、市長等に関連する項目について、事前協議を行いました。

 改革委側から、委員長の私と小勝裕真副委員長、酒巻ふみ議員(副議長)の3人が出席。市長等から、総合政策・総務部・市教委の生涯学習部の各部長と課長が出席しました。

 私が改革委を代表し、市議会が条例要綱を協議している経緯について説明。事前協議の項目について解説しました。その項目は以下のとおり。

 〇垉腸颪議決する案件の拡大について

 ⊆遡笋虜櫃砲ける論点の明確化=所謂「反問権」について

 市議会審議における政策情報の提示について

 な腸饕罎諒現饉遡笋砲弔い
  顱ナ現饉遡笋梁仂櫃楼儖会に限定する(回答期限は2週間でどうか)
  髻グ貳娘遡篦鵡雜紂議員の事故による文書答弁の取り扱い
画像

 セ垉腸駘住擦粒諒櫃砲弔い
  顱ニ棆餤直譴硫散疏置改修を年度内に実施する
  髻セ毀韻箸力携、研修等に対する予算措置

 Δ修梁
  顱セ垉腸饋渊饉爾龍告Г砲茲觧堽図書館機能の活用
  髻ツ衫禹垉腸餝会日の年間計画化のルール確立
  鵝セ垉腸餞靄楙鯲禳定に対する法制執務の支援措置
  堯セ垉腸餡革アンケートに対する市民の意見を伝達
  .事前協議の申し入れ事項に関する次回の協議

 私の解説に対し、執行機関側から疑問点に対する質疑が行われ、私が説明にあたりました。

 地方自治制度における市議会と首長の二元代表制のもとで、事前協議はその機能を相互に発揮する、よい機会となりました。
2017/06/04

 
<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。