日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

市議会基本条例 要綱を確定

(騎西城公園で3日)
(騎西城公園で3日)

 市議会は昨日(1日)、第11回議会改革特別委員会(委員長は私)をひらき、市議会基本条例要綱を全員賛成で決定しました。

 協議したテーマは、〇垉腸餞靄楙鯲稷弭飽董↓加須市議会モニター制度導入の要綱案、災害時に市議会機能を継続する加須市議会版BCP(業務継続計画)の検討資料、せ垉腸饉膾邸峪毀姥開研修講座」の実施、ダ務活動費のネット公表、今後の協議日程――6項目について、集中的に協議しました。
 
 改革委で決定した市議会基本条例要綱は、その前文で、「私たちは、先人たちが営々として築き上げてきた豊かな歴史・文化・多様な地域資源の特性を活かして、魅力ある住みよいまちづくりを進め、次の世代につなげていかなければならない」と強調。

 加須市議会は、「不断の議会改革を重ねながら、全力で市民の信託に応えていくことを決意し、ここに市議会及び市議会議員の活動原則等の基本的事項を定め、議会の最高規範として、この条例を制定する」と謳い、加須市の特性を表し、市議会の決意を表明しています。

 市議会基本条例要綱は、前文と7章立ての構成で、条文となる内容は31項目です。要綱の構成は以下のとおり。

 ○前文
 ○第1章 総則――2項目
 ○第2章 議会運営及び議員の活動原則――2項目
 ○第3章 市民との連携・協働の推進――7項目
 ○第4章 議員の政策立案機能の強化――10項目
 ○第5章 議会と市長等との関係――5項目
 ○第6章 議員定数及び報酬――2項目
 ○第7章 補則――最高規範性、条例の研修、評価制度など3項目


■市議会主催・「市民公開研修講座」を開催します。
 市議会は、市民といっしょに、「市民公開研修講座」を開催します。
 ・日時:8月22日(火) 午後1時30分から
 ・会場:市役所4階・議員全員協議会室
 ・講師:平成国際大学法学部教授 浅野和生氏
 ・演題:「地方自治法70周年と地方議会の課題について」
   *詳細は後日、市議会事務局から広報します。
(アジサイ・旧河野邸で3日)
(アジサイ・旧河野邸で3日)

 市議会が実施した市議会アンケート(今年2月〜3月)で、市民は議員に対し、「政策提言能力と資質を引き上げる」15%、「研鑽を積んで市民に奉仕する」12%――合計27%にのぼっています。

 市民の意見を尊重し、今回の「市民公開研修講座」となったものです。


■政務活動費 市議会ホームページで公開します。
 政務活動費は、議員の政策立案能力の向上、調査研究など市議会の活性化に必要な経費の一部を交付する制度です。

 加須市議会は、議員1人当たり月額1万2,000円を、会派に対して交付しています。

 その使途を、領収書を含めて市議会ホームページで、今月中旬ころに公開します。市民に対して、市議会を透明化する一環の措置です。


■改革委 次回は7月13日(木)、市議会・第1委員会室で午前9時30分に開会します。
 協議のテーマは、〇垉腸餞靄楙鯲秡念董↓∋垉腸駑禝の統廃合、8鎚未龍┻鳥項等
2017/06/02

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。