日本共産党
日本共産党加須市議会議員
小坂とくぞう
HOME
プロフィール
議会だより
活動レポート
コーヒータイム
お知らせ
リンク
議会だより
<< 戻る

介護保険 負担増と給付減が

(利根川右岸から埼玉大橋を望む・7日)
(利根川右岸から埼玉大橋を望む・7日)

 社会保障のため…これを口実に、安倍内閣は消費税を8%に増税しました。とんでもありません。安倍内閣は、消費税を増税し、社会保障を軒並み改悪しています。とりわけ、介護保険の負担増と給付減が顕著です。その内容と影響は以下のとおりです。





■2015年4月
◇特別養護老人ホーム入所を要介護3以上に限定
 ・要介護1・2の人もやむを得ない事情で、特例的に入所できる。
 ・市内の入所待ち209人(今年1月)。うち要介護3以上は143人。

■2015年8月
◇介護サービスの利用料を2割に引き上げる
 ・合計所得160万円以上、単身で年金収入のみで280万円以上の人。
 ・要介護認定者のうち、2割負担の対象は309人(2016年3月現在)

■2015年8月
◇「補足給付」に資産要件を追加
 ・低所得の施設入所者の食費・居住費を補填する制度
 ・世帯分離しても、以下の人は対象から除外する。
   *一方の配偶者が住民税を課税されている
   *預貯金1千万円以上の保有者
 ・市内で203人が対象外になる。
   負担増は平均1人当たり、1か月64,200円、年間77万円にのぼる。
   年間の総額は、1億3,200万円の負担増に(ユニット型個室で試算)。

■2016年8月
◇「補足給付」の収入に非課税年金の遺族年金と障害者年金を加え、対象を縮小する。
 ・収入区分の第2段階から200人が第3段階に移行。
 ・負担増は平均1人当たり、1か月2万2500円、年間27万円に。年間総額5,400万円にのぼる。
画像

■2017年4月
◇要支援1・2を介護保険から外し、市の総合事業に組み入れる。
 ・要介護の重症化が懸念される。

■2017年8月
◇高額介護サービス費の自己負担限度額を7千200円引き上げる。
 ・現行は1か月3万7,200円。今年8月から4万4,400円に引き上げる。
 ・該当者は116人(昨年12月現在)、年間負担増1千万円を超える。

■2018年3月
◇利用料に3割負担を導入する。
 ・対象は、単身で383万円以上、2人以上の世帯は520万円以上の収入がある。
2017/04/11

<< 戻る

埼玉県加須市東栄2-11-14 電話(FAX兼用)0480-65-3706
Copyright(c)2003,TOKUZO KOSAKA
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。